[HONDA]SBK Rd.10 決勝 ギュントーリが両レースで今季ベストの4位

■2015年8月2日(日)・決勝
■会場:セパン・サーキット
■天候:晴れ
■気温:第1レース/31℃、第2レース/31℃
■コースコンディション:ドライ

第10戦マレーシア大会が、7月31日(金)〜8月2日(日)までの3日間、クアラルンプール郊外のセパン・サーキットで開催されました。セパンでスーパーバイク世界選手権が開催されるのは今年で2度目です。

セパンは、一周5.548km。長いストレートとバラエティに富むコーナーを組み合わせたレイアウトは、リズム感あふれるサーキットとして選手たちに好評です。セパンでは1999年から、ロードレース世界選手権のマレーシアGPが開催されています。ここ数年、スーパーバイク世界選手権の開催を望む声が多く、シリーズの舞台としてカレンダーに組み込まれました。

今年のマレーシア大会は、鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)の翌週の開催となり、Pata Honda World Superbike Teamのマイケル・ファン・デル・マークとPata Honda World Supersport Teamのカイル・スミスが、鈴鹿からセパン入りしました。

2013年、14年と、MuSASHi RT HARC-PRO.から鈴鹿8耐に出場し、2年連続で優勝を果たしたものの、今年は悔しいリタイアに終わったファン・デル・マークは「昨年、おととしと違って、今年は残念な結果に終わり、がっかりしています。しかし、セパンでチームのみんなと合流し、気持ちが切り替わりました。セパンは、コースレイアウト的にも気候的にもタフですが、昨年はスーパースポーツでいいレースができ、優勝できました。今年はスーパーバイクで初めて走ることになりますが、すごく楽しみです」と、ラグナセカ・レースウェイで行われた第9戦アメリカ大会、日本で行われた鈴鹿8耐に続く、3週連続のレースに疲れた様子も見せず、気合十分で大会を迎えました。

チームメートでディフェンディングチャンピオンのシルバン・ギュントーリは「昨年は表彰台に立っていますし、今年も表彰台を目指します。セパンは高速コースで、我々にとって、とても重要な意味を持つサーキットです。このサーキットでは、これまでと異なるフロントのセッティングに挑んでみたいです」と、気合を入れていました。

ギュントーリは、初日のフリー走行で9番手。2日目に行われた3回目のフリー走行で4番手へとポジションを上げました。そして、上位12台で行われるスーパーポールでは、今季ベストの3番手に。シーズン初のフロントローを獲得しました。

ギュントーリは初日のフリー走行が終わったときに「今日は9番手でしたが、内容としては4〜5番手だったと思います」と語り、2日目のフリー走行で、それを証明しました。そしてスーパーポールでは「今日は、これまで苦労してきたスピードの物足りなさを解消できました。タイヤには厳しいレースになりそうですが、久しぶりに気持ちよく決勝を迎えられそうです」と、上り調子をアピールしました。

ギュントーリは、その勢いを決勝レースにつなげました。両レースで好スタートを切り、セカンドグループを走行したギュントーリは、ともにシーズンベストとなる4位でフィニッシュしました。第1レースは、オープニングラップで7番手。終盤には、ペースの上がらないライダーたちを次々にパスして4位まで浮上しました。第2レースは、チームメートのファン・デル・マークとレオン・ハスラム(アプリリア)の3台でし烈な4番手争いを繰り広げると、終盤には2人を突き放して4位でフィニッシュしました。

ファン・デル・マークも、久しぶりに手応えのあるレース内容となりました。初日のフリー走行は10番手。2日目のフリー走行は接戦の中で12番手に終わり、スーパーポール2へは進めませんでしたが、「スーパーバイクでセパンを走るのは初めてです。金曜日は雨が降って思うようにコースを攻略できませんでしたが、内容は悪くなかったと思います。12番グリッドから追い上げる自信があります」と語っていましたが、決勝では、その言葉通りの快走をみせました。

第1レースでは、オープニングラップの10番手から、3周目に8番手までポジションをアップ。その後、トラブルが出てペースダウンを強いられ、7周を終えた段階でピットに戻り、リタイアとなりました。しかし、第2レースでは好スタートからチームメートのギュントーリの背後に迫り、4番手争いに参加。最終的に5位でチェッカーを受けました。

これで10戦を終えて、ギュントーリは総合6位。ファン・デル・マークは総合7位。1カ月半のサマーブレイクを挟み、残りの3戦に挑むことになります。

スーパースポーツ世界選手権は、第7戦ポルトガル大会からHondaのCBR600RRに乗り換えたパトリック・ジェイコブセン(CORE” Motorsport Thailand)が、キャリア初のポールポジションから初優勝を果たしました。なお、アメリカ人選手として初の、スーパースポーツウイナーとなりました。
スーパースポーツ世界選手権への参戦2年目となるジェイコブセンは、CBR600RRに乗り換えた最初のレースである、第7戦ポルトガル大会で3位入賞。第8戦イタリア大会では2位に入り、連続で表彰台に立ちました。そして3戦目となった今大会では、CBR600RRのパフォーマンスを最大限に引き出し、ポール・トゥ・ウインを達成しました。

優勝したジェイコブセンは、今大会4位でランキングトップのケナン・ソフォーグル(カワサキ)に28点差、ランキング2位のジュール・クルーゼル(MVアグスタ)には15点差まで迫りました。残り3戦で逆転チャンピオンの可能性が存在します。

鈴鹿8耐にF.C.C. TSR Hondaから出場し、2位に入ったスミスは、今大会5位をでフィニッシュしました。以下、ロベルト・ロルフォ(Team Lorini)が6位、マーチン・カルデナス(CIA Landlords Insurance Honda)が7位、ジノ・レイ(CIA Landlords Insurance Honda)が8位となりました。

コメント
■シルバン・ギュントーリ(スーパーバイク 4位/4位)

「いい週末になりました。予選タイヤで走った土曜日に、これまでよりもペースを上げることに成功しました。その結果、フロントローを獲得できました。これまで、チームとともに全力でがんばってきましたが、それをなかなか結果につなげられませんでした。それだけに、うれしい結果です。今日は2レースともに厳しい戦いでした。レースを通じてプッシュを強いられましたが、結果を残せたことで、気持ちよくサマーブレイクに入れることを、うれしく思います。4位では表彰台に立てません。しかし、表彰台は遠くなく、すぐそこにあると感じています。さらにいいパフォーマンスを得るために、これまで以上に全力を尽くします。あと3戦、いい結果を残してシーズンを終えたいです」

■マイケル・ファン・デル・マーク(スーパーバイク リタイア/5位)
「5位でチェッカーを受けられてうれしいです。しかし、第1レースをリタイアしているので、完全には満足していません。第2レースは、すばらしいスタートが切れましたし、シルバンといいバトルができました。そして、最終ラップにはレオン(ハスラム)をパスできました。それを考えれば、第1レースも、4位か5位を争えたと思います。それだけにリタイアは残念です」

■パトリック・ジェイコブセン(スーパースポーツ 優勝)
「優勝できて本当にうれしいです。アメリカ人としては初めてだと聞き、そのこともうれしいです。厳しいレースでした。スタートからフィニッシュまで全力でした。最終ラップの最終コーナーまでどうなるか分かりませんでしたが、トップでフィニッシュできて最高の気分です。これで気持ちよく、夏休みを迎えられます。チーム、スタッフに感謝しています」

■カイル・スミス(スーパースポーツ 5位)
「今日の5位という結果に満足しています。セパンは初めて走るサーキットでしたし、金曜日はスコールのために1セッションがウエットになりました。そうした状況のため、ドライコンディションではいいペースを作れず、タイヤのグリップにも課題を抱えていました。しかし、決勝では安定したペースでラップを刻めましたし、結果的に5位でフィニッシュできました。過去2戦は、転倒続きでした。それだけに、今日の結果はとてもうれしいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る