【新車】カワサキ、ニューカラーを採用した「Ninja 250/ABS/Special Edition」の2016年国内仕様モデルを発売

カワサキは、「Ninja 250/ABS/Special Edition」の2016年国内仕様モデルを2015年9月1日に発売する。

2016年モデルではメーターパネルのデザインに若干の変更が施されているが、その他の主な性能および諸元に変更はない。

カラーバリエーションは、スタンダードモデルが、メタリックカーボングレー、キャンディバーントオレンジの2色。

スペシャルエディションは、ライムグリーン×パールスターダストホワイト、ABSスペシャルエディションがキャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレーとなっている。

■名称
・Ninja 250
・Ninja 250 Special Edition
・Ninja 250 ABS Special Edition

■発売日
2015年9月1日

■メーカー希望小売価格

・Ninja 250
 553,500円
 (本体価格512,500円、消費税41,000円)

・Ninja 250 Special Edition
  569,160円
 (本体価格527,000円、消費税42,160円)

・Ninja 250 ABS Special Edition
  620,460円
 (本体価格574,500円、消費税45,960円)
 
 ※メーカー希望小売価格は参考価格ですので、詳しくはカワサキ正規取扱店にお問い合わせください。表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

2015年モデルからの変更点
・メーターパネルデザインの変更
・カラー&グラフィックの変更
・アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の装備(Ninja 250 ABS Special Edition)

▼2016年モデル Ninja 250 メタリックカーボングレー

▼2016年モデル Ninja 250 キャンディバーントオレンジ

▼2016年モデル Ninja 250 Special Edition
 ライムグリーン×パールスターダストホワイト

▼2016年モデル Ninja 250 ABS Special Edition
 キャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレー

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る