【新車】ヤマハ、スクーター「Vino」の電動バイク「E-Vino」(原付一種)を発売

ヤマハは、エレクトリックコミューターの第4弾モデルとなる、「E-Vino(イービーノ)」を2015年8月20日より発売する。

「E-Vino」は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「Vino」をベースに、EVならではの滑らかな走りを活かし“楽しい乗りもの”を提供するヤマハの技術思想“Smart Power”に基づいて開発した製品だ。

「Vino」のお洒落なスタイリングはそのままに、高度なモーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電、短い充電時間などが特徴で、近距離移動に適している。

■名称
「E-Vino」

■発売日
2015年8月20日

■カラーリング
・ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1(オレンジ/ホワイト)
・ホワイトメタリック1(ホワイト)

■販売計画
1,500台(年間/国内)

■メーカー希望小売価格
236,520円(本体価格219,000円/消費税17,520円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

「E-Vino」主な特徴

1)高エネルギー密度のリチウムイオンバッテリー
50Vの高エネルギー密度・リチウムイオンバッテリーを搭載しています。低速域での出力向上に対応させ、ショートレンジ移動で求められる走行距離を確保、満充電での走行距離は29km(30km/h定地)※です。シート下は約10ℓの収納スペースがあり、予備バッテリーも収納できます。(予備バッテリー搭載は、専用のオプションパーツが必要) このバッテリーは着脱式で家庭用100V電源(2極プラグ)から充電できます。充電時間は約3時間です。
※標準モード、乗員重量55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風

2)2種から選べる走行モード、登坂発進などで役立つ「ブースト」機能を装備
走行条件に応じてモーターの駆動力を「標準」「パワー」にモード切り替えが可能となっています。また登り坂などで一時的により登坂性を求めるときに役立つ「ブースト」機能を備えました。右ハンドルスイッチのボタンを押すと30秒間作動し、急坂での発進などに対応します。

3)デジタル液晶の多機能メーター
デジタル表⽰の液晶スピードメーターを採⽤しました。液晶⾯では、速度、バッテリー残量、⾛⾏モード、オド・トリップ等を表⽰します。盤⾯下には、⾛⾏モード・項⽬切り替え(トリップ/オド/5〜100%表⽰バッテリー残量表⽰)などのスイッチを設けた親切設計としました。また、ホワイト盤⾯にオレンジのポイントカラーを配し、ポップさを表現しています。

4)快適な乗り心地を支える軽量ボディ
⾞両重量は 68kg と⼀般的なスクーターより軽く、優れた取り回し性を備えています。ゆったりしたライディングポジションや広々としたフットボード、クッション性の良いサスペンションなどは、現行の「Vino」と同じ仕様で、快適な乗り⼼地を⽀えています。

5)ロスが少なく極低速でのトルクに優れたDCモーター
動力源は、3相ブラシレスDCモーターで、ロスの少ないギア駆動方式としてEVならではの滑らかな乗り心地と動力性能、静粛性を備えています。モーターの出力制御は、バッテリー状況や走行状況などを反映するコントローラーの統合制御となっています。

6)カラーリング、デザインの特徴
ボディには「e」マークを右レッグシールドにアシンメトリーでおき、サイドカバーにも「e」マークをあしらい、おしゃれ感を表現しています。
フラッシャーボディは、車体⾊とバランスするホワイトとしてクールな印象を強調しています。リアサスペンションとホイールは、車体⾊にあわせホワイトとしました。特にリアのホワイトスプリングは、吸気・排気系装置がない「E-Vino」のシンプルなリアまわりからクリーンイメージを印象づけると同時に、ワンポイントのアクセントとなっています。

▼「E-Vino」ビビッドイエローイッシュレッドメタリック1(オレンジ/ホワイト)



▼「E-Vino」ホワイトメタリック1(ホワイト)



「Eビーノ」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 ZAD-SY11J/Y809E
全長×全幅×全高 1,675mm×660mm×1,005mm
シート高 715mm
軸間距離 1,160mm
最低地上高 95mm
車両重量(バッテリー装着) 68kg
1充電走行距離(定地) 29km(30km/h)※1
最小回転半径 1.8m
原動機種類 交流同期電動機
定格出力 0.58kW
最高出力 1.2kW(1.6PS)/3,760r/min
最大トルク 7.8N・m(0.80kgf・m)330r/min
バッテリー種類 リチウムイオン電池、ESB4-0
バッテリー電圧/容量 50V-10AH(10H)
バッテリー充電電源 定電流・定電圧充電
充電時間 約3時間※2
駆動方式 ギア
1次減速比 9.400(47/15×39/13)
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 24°05′/70mm
タイヤサイズ(前/後) 90/90-10 41J/90/90-10 41J(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 機械式リーディング・トレーリング(ドラム)/
機械式リーディング・トレーリング(ドラム)
ヘッドランプバルブ種類/
ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,35/35W×1

*1:1充電走行距離(定地)の測定条件/標準モード、乗車定員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風
*2:バッテリー新品、バッテリー残量ゼロから満充電した場合。充電時間は充電環境に左右されます。最適な環境は15℃〜25℃です。
※本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る