[YAMAHA]WMX Rd.13 フェーブルが両ヒート優勝

■大会名称:2015年第13戦チェコGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年7月26日
■開催地:ロケト(コース長:1,630m)
■観客数:24,000人

Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルは、ロケトで開催されたチェコ・グランプリで両ヒートを制し、全18戦の選手権のうち13戦を終えて5回目の優勝を果たした。 また、フェーブルは最多のヒート優勝を記録。最も多くの周回数でレースをリードし、最も多く表彰台に立っている。さらにフェーブルは今日、YX450FMを駆って今年2度目となる両ヒート優勝を果たし、選手権でのリードを拡大した。フェーブルの他、ヤマハはMX2、WMX、そしてEMX300でも勝利を挙げた。

舞台となるロケトは、新しいジャンプとコーナーセクションが加えられ、スタートゲートが元の位置に戻されてレイアウトが変更された。それでも石が多く滑りやすいコースはそのままで、トラクションとグリップに関するライダーの広範な感覚が試される。また、流れるような、そして比較的楽なコース部分のハードパックによって、テクニカル面の鋭さは増している。

土曜日の予選ヒートを制して今シーズン2度目となるポールポジションを獲得したフェーブル。24,000人の観客が見守る中、スタート直後にE・ボブリシェブ(ホンダ)に続く2位につけてチャンスを待つフェーブルは、ボブリシェブがペースをやや落とした6周目にこれを抜いてトップに立った。ここからフェーブルは2位以下との差を拡げてそのままフィニッシュ。8度目となるヒート優勝を果たした。

第2ヒートではフェーブルはC・ドゥサル(スズキ)の抵抗を受け、やや厳しい戦いを強いられる。順位を入れ替えながら激しく争う2選手だったが、7周目にフェーブルが優位に立つ。その後ボブリシェブも加わって3選手がレースをリードするが、フェーブルが最初にチェッカーフラッグを受けた。

ジェレミー・ファン・フォルベークは総合5位となった。第1ヒートでまずまずのスタートを決めると、すぐに5番手まで上がり、ドゥサルの追撃を開始する。両選手は19周で争われるレース全体を通して、その差が拡縮しつつも固まって周回を重ねる。そして、G・ポラン(ホンダ)がクラッシュした際にひとつ順位を上げたファン・フォルベークは、そのまま4位でフィニッシュした。 第2ヒート、スタートでトップ集団とともにゲートを出ることができなかったファン・フォルベークは、後方からの追い上げを強いられてしまう。12番手から順位を上げるファン・フォルベークはK・ストライボス(スズキ)に続く5番手まで挽回したところでチェッカーフラッグを受けた。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは第1ヒートでトップ10入りに向けて奮闘するが、ゴールまで残り3周となったところでクラッシュ。右腕に切傷を負い、6針縫うこととなってしまう。フィリッパーツは頭部も打っており、転倒による影響は大きいため第2ヒートへの参加を断念した。

世界チャンピオンのトニー・カイローリ(KTM)は、骨折した腕の固定のためにチェコ・グランプリへのエントリー、および今後の日程へのエントリーを見合わせる選択をした。このためMXGPのランキングで現在2位のG・ポランに88ポイントの差をつけて首位にいるフェーブルにとっては有利な展開となった。ファン・フォルベークも調子を上げており、現在294ポイントで8位に位置している。フィリッパーツは13位。

ロケトに続くMXGP第14戦ベルギー・グランプリは次週、難しいサンドコースのロンメルで開催される。

コメント
■R・フェーブル選手談(1位/1位:総合1位)

「僕にとってはすごく良い週末だった。GPで勝てる速さがあることは土曜日からわかっていたので、良いスタートをすることが目標だった。第1ヒートはジェレミーとちょっとした瞬間があったけど、エブジェニー(ボブリシェブ)をすぐにパスして、第2ヒートより楽なレースだった。クレマン(ドゥサル)と好バトルを展開したけど、彼は本当に強い。エブジェニーも上がって来て、少しも気を抜くことができなかった。ヒートを通してプッシュしなければならなかった。すごくうれしいし、すごく興奮しているけど、まだ先は長いよ」

■J・ファン・フォルベーク選手談(4位/5位:総合5位)
「ちょっとフラストレーションが溜まっている。この週末を通して良いスピードで走れた。昨日はかなり良いスタートができたけど、今日はそれよりちょっと落ちている。あらゆるところでクレマンを抜こうとしたけど、無理だった。第2ヒートではひどいスタートになってしまい、がんばって5位まで上がった。ある意味では良かったけど、2番手でスタートすれば、レースに勝てる速さで走るのは楽にできる。この週末はスタートを改善することを目的とした新しいセットアップを用いたけど、こうしたことをGPで試すのは決して楽なことではないし、充分な時間もない。いずれにしても、これまでよりわかって来ているし、ロンメルでは良い結果が得られることを期待している」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る