[YAMAHA]鈴鹿8耐 公式予選 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがTOP10トライアルに進出

第38回鈴鹿8時間耐久ロードレース2日目、7月24日(金)は、A組とB組に分かれての公式予選が行われました。この日は朝から快晴で、気温とともに路面温度も急上昇。午前8時から始まったフリー走行では、#21YAMAHA FACTORY RACING TEAMのブラッドリー・スミス選手が転倒するという波乱もありましたが、スミス選手、マシンともに大事には至らず、公式予選を無事迎えました。

そして午前10時前から、予選A組第1ライダーが出走。中須賀克行選手は、20分間のタイムアタックの残り12分となったところで2分06秒877のスーパーラップを叩き出し、これがグループのトップタイムに。さらに、予選A組第2ライダー枠に登場したポル・エスパルガロ選手も、2分07秒156を記録してグループのトップに立ちました。また、予選A組第3ライダー枠のスミス選手は2分08秒883でグループ4位として一本目を終えました。

午後からの二本目の予選、路面温度がピークとなったセッションに出場した中須賀選手は、ユーズドタイヤながらも2分07秒376でグループトップ。また、第2ライダー枠のエスパルガロは2分07秒075を記録し、さらにアタックを続けるも、ヘアピンカーブで転倒。本人に怪我はありませんでしたが、チームは破損したマシンの修復にあたることになりました。

そして、予選A組第3ライダー枠に登場したスミス選手は、マシンが1台となり転倒が許されない状況となりましたが、気温と路面温度が下がり始めたことから順調にタイムを縮め、最終的に自己ベストとなる2分07秒308でグループ3位を獲得しました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る