[YAMAHA]鈴鹿8耐 TOP10 TRIAL ポル・エスパルガロ選手が2`06.000のスーパーラップ

ポル・エスパルガロ選手が2`06.000のスーパーラップ

7月25日(土)、TOP10 TRIALが行われ、前日の公式予選で総合3番手を獲得したYAMAHA FACTORY RACING TEAMから、ポル・エスパルガロ選手、中須賀克行選手が出走しました。そしてエスパルガロ選手が昨年のポールポジションタイム2分06秒703を大きく上回る2分06秒000を叩き出して場内を沸かせると、これが総合トップタイムとなり、ヤマハが2013年以来となるポールポジションを獲得しました。

チームとして最初に登場したのはエスパルガロ選手、MotoGP仕込みの独特なライディングスタイルから各セクターでトップタイムを記録すると、ラップタイムモニターには「2分06秒000」というスーパーラップが映し出されて一気にトップに躍り出ました。そして中須賀選手も、各セクターでエスパルガロ選手とほぼ同じタイムを記録。しかし、わずかにおよばず2分06秒059でTOP10 TRIALを終えます。

その後、ピットに戻った中須賀選手と、エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手がそろってラップタイムモニターを見上げ、残り2人の走行が終わりエスパルガロ選手のトップタイムが決定すると、その瞬間、3人のライダーは抱き合ってポールポジションの獲得を喜びました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る