[Team KAGAYAMA]鈴鹿8耐 公式予選 明日のトップ10トライアルに駒を進める

7月26日(日)に決勝を迎える2015 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦、”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第38回大会(通称:鈴鹿8耐)は、24日(金)予選日を迎えた。

この日の天候は朝から晴れ。気温は30度を軽く越えていき、8耐らしい炎天下での走行となった。この日は各第1〜第3ライダーごとに2回の走行枠が用意されており、2つのグループに分けて走行が行われるため、セッション数としては、12セッションの予選、そして朝一番に行われるウォームアップのフリー走行、さらにはナイトセッションの練習走行もあるため、非常に長い一日となった。

TEAM KAGAYAMAは、第1ライダーに加賀山就臣、第2ライダーに芳賀紀行、第3ライダーに清成龍一というラインナップで、20分ずつの各セッションで予選アタック。午前中の一回目の予選では、加賀山選手が新品タイヤで走行グループ2番手タイムとなる2分7秒594。芳賀選手が走行グループ4番手となる2分10秒703。清成選手が走行グループ5番手となる2分9秒377という結果。

1回目の予選後には、ピットウォークも開催され、まだ金曜日というのに非常に多くのファンが8耐参戦各チームのピットを見て回った。TEAM KAGAYAMAでは、ウチワやポスターを配布。また芳賀選手がファンサービスを行った。

ピットウォークののちには、再度予選セッションが行われ、加賀山選手が2分10秒029(グループ8番手)、芳賀選手が2分9秒226(同4番手)、清成選手が2分8秒172(同5番手)となった。

予選セッション1回目の加賀山選手のタイムがチームベストとなり、翌25日(土)に開催されるトップ10トライアルへ進出を決めた。トップ10トライアルは、予選上位10台のグリッドを決めるもので、チーム内の2名のライダーが1周だけのアタックラップで、この上位のグリッドが決まることになる。

レースウィーク3日目の26日(土)は、午前中に4時間耐久レースがあるが、イベントが盛りだくさんの一日となっている。ライダー3選手も、午前10時20分からSUZUKIブースでSUZUKIトークショー&集合写真、10時45分からDUNLOP ブースでDUNLOPトークショー、11時20分からコカ・コーラ・ステージで鈴鹿”コカ・コーラ・ゼロ”トークショー(加賀山選手のみ)とグランドスタンド裏で活躍することになる。さらにコカ・コーラ・ステージでは11時40分からTEAM KAGAYAMAの応援ソングを歌ってくれているバンド「1-E」のライブも行われる予定だ。

走行は、午後2時15分からは練習走行、そして午後3時15分からはトップ10トライアルがスタートとなる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る