[Team KAGAYAMA]鈴鹿8耐 トップ10トライアル 5番グリッドから3度目の8耐に臨むことに

2015 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦、”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第38回大会決勝前日となる7月25日(土)。前日に続き、朝から好天に恵まれたこの日の鈴鹿サーキットでは、走行イベントは少なく、朝からイベントがもりだくさんとなっている。

TEAM KAGAYAMAの3人のライダーも、SUZUKIブース、DUNLOPブースと各ブース・ステージをハシゴしてトークショーで朝からファンとの交流を楽しんだ。また、コカ・コーラ・ステージでは、TEAM KAGAYAMAの応援ソングを歌ってくれているバンド「1-E」のライブがあり、そのライブ前にライダー3人ともに出演もして、チームPRを行った。

走行イベントは、ピットウォーク後の午後2時15分から45分間の練習走行セッションがあり、その後、トップ10トライアルがスタートした。トップ10トライアルは、予選上位10台のグリッドを決めるもので、チーム内の2名のライダーが1周だけのアタックラップで、この上位のグリッドが決まることになる。

暫定10番手のマシンのライダーからスタートするこのトップ10トライアル。TEAM KAGAYAMAは、前日の予選で暫定7番手グリッドを獲得しており、3番目と8番目の出走となる。この1ラップアタックには、まず清成龍一選手が登場した。清成選手のタイムは、2分8秒806で暫定トップに立った。

そして、TEAM KAGAYAMAのトップ10トライアルのもう一人のアタッカーはチーム代表である加賀山就臣選手。8番目に出場し、2分7秒990のタイムで、暫定10番手から6番手までが出走する前半の5台10名のライダーのアタックの中でトップタイムとなった。しかし、その後残り5台のアタックでスーパーラップが出て、全20名のライダーがアタックを終えた後、TEAM KAGAYAMAの#17 SUZUKI GSX-R1000のグリッドが5番手と確定した。

この日のイベントはその後、前夜祭が行われ、3人のライダー、チームスタッフともども、鈴鹿8耐前夜のこのお祭りを楽しんだ。26日(日)は、”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝日。午前10時10分から走行セレモニーがスタートし、午前11時決勝レースがスタートする。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る