MotoGP フォワード・レーシング、次戦を欠場

フォワード・レーシングは27日、チームオーナー兼チームマネージャーのジオバンニ・クザーリが今月中旬に脱税及びマネーロンダリングなどの疑惑により、スイス・ティチーノ州当局により逮捕されたことから、最終戦まで活動を継続する目的で、チームの活動資金であるスポンサー対応などの困難な状況を最小限に抑えるために調整作業に専念することを発表。IRTA国際レーシングチーム連盟との合意の上で、次戦インディアナポリスGPを欠場するが、第11戦チェコGPの参戦を目指すことになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る