MotoGP フォワード・レーシング、次戦を欠場

フォワード・レーシングは27日、チームオーナー兼チームマネージャーのジオバンニ・クザーリが今月中旬に脱税及びマネーロンダリングなどの疑惑により、スイス・ティチーノ州当局により逮捕されたことから、最終戦まで活動を継続する目的で、チームの活動資金であるスポンサー対応などの困難な状況を最小限に抑えるために調整作業に専念することを発表。IRTA国際レーシングチーム連盟との合意の上で、次戦インディアナポリスGPを欠場するが、第11戦チェコGPの参戦を目指すことになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  2. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  3. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  4. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
ページ上部へ戻る