[MFJ]鈴鹿8耐 TOP10トライアル 驚速タイムでYAMAHA FACTORY RACING TEAMがポールポジション!

7月25日(土)に鈴鹿8耐はTOP10トライアルを行い、YAMAHA FACTORY RACING TEAMのポル・エスパルガロが2分06秒000という驚異的なタイムをマークしポールポジションを獲得した。「1周だけのタイムアタックは初めてのことだったので、うまくいくか分からなかったけれど、チームのおかげでいいタイムを出すことができた。中須賀選手も速いですし、決勝はミスなく走ることを心がけたい」とポル。

中須賀も2分06秒059と、ほぼ同タイムをマークしているだけにスピードは、どのチームにも負けないものを持っている。果たしてヤマハに1996年以来の勝利をもたらすことができるか!?

Team GREENの渡辺一樹が2分06秒287で2番手、3番手にMuSASHi RT HARC-PRO.のケーシー・ストーナーが2分06秒335で続き、ヨシムラの津田拓也、Team KAGAYAMAの加賀山就臣、TSRのドミニク・エガーターと続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る