[MFJ]鈴鹿8耐 TOP10トライアル 驚速タイムでYAMAHA FACTORY RACING TEAMがポールポジション!

7月25日(土)に鈴鹿8耐はTOP10トライアルを行い、YAMAHA FACTORY RACING TEAMのポル・エスパルガロが2分06秒000という驚異的なタイムをマークしポールポジションを獲得した。「1周だけのタイムアタックは初めてのことだったので、うまくいくか分からなかったけれど、チームのおかげでいいタイムを出すことができた。中須賀選手も速いですし、決勝はミスなく走ることを心がけたい」とポル。

中須賀も2分06秒059と、ほぼ同タイムをマークしているだけにスピードは、どのチームにも負けないものを持っている。果たしてヤマハに1996年以来の勝利をもたらすことができるか!?

Team GREENの渡辺一樹が2分06秒287で2番手、3番手にMuSASHi RT HARC-PRO.のケーシー・ストーナーが2分06秒335で続き、ヨシムラの津田拓也、Team KAGAYAMAの加賀山就臣、TSRのドミニク・エガーターと続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  2. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
  3. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
  4. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
ページ上部へ戻る