[YAMAHA]鈴鹿8耐 特別走行 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが全セッションでのトップタイムをマーク

7月23日(木)、2015鈴鹿8耐がいよいよ開幕しました。YAMAHA FACTORY RACING TEAMは、今大会に全日本JSB1000で3連覇5度のチャンピオンに輝く中須賀克行選手に、MotoGPを戦うポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手が加わり、中須賀選手いわく、「ドリームチーム」での参戦となりました。

大会に向けては、第1回公開合同テストこそ中須賀選手の単独出走となりましたが、その後2回のテストで3人が集結。中須賀が中心となりマシンをセットアップし、エスパルガロ選手とスミス選手はサーキットとマシンに馴れることをメインに走行を繰り返してきました。

こうして迎えた鈴鹿8耐の初日、特別走行は、ドライとなった午後のセッションでニュータイヤを装着したエスパルガロ選手が2分07秒282を記録して全セッションでのトップタイムを記録。さらにユーズドタイヤを装着した中須賀選手が2分07秒609、さらにスミス選手も2分07秒949をマーク。他チームは7秒台を記録していないため、この3人が1〜3位を独占することとなりました。

この結果に吉川和多留監督は、「中須賀選手、ポル選手、ブラッドリー選手みながとにかく速い。しかも3人とも接近したタイムなので、いい形でマシンが仕上がっている証拠です」と手応えを語りました。

昨年のポールポジションタイムは2分06秒703で、早くもこのタイムに迫る3人。2012年・2013年にポールポジションを獲得している中須賀選手は、「公式予選、TOP10トライアルではもちろんトップタイムを狙います。それがファクトリーとしての使命ですからね」と自信をのぞかせると、エスパルガロ選手とスミス選手も、「準備は整っている!」と話し、決勝に向け最高のスタートをきりました。

なお、他のヤマハチームは、世界耐久選手権にレギュラー参戦するMONSTER YAMAHA – YARTがAグループ3/10位、#94 GMT94 YAMAHAがBグループ7/4位。そしてヤマハの社内チームteam R1 & YAMALUBEがBグループで14/15位、#60 Iwata Racing Familyは、同じくBグループで22/19位となっており、それぞれが手応えと課題をもち、明日の予選に向けて大きな一歩を踏み出しました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る