[IRC]JEC第二戦近畿大会 MX-IAを退けて前橋孝洋がIBを圧勝

日時:7月12日
会場:大阪府プラザ阪下
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:稲垣正倫(ANIMALHOUSE)

2年目のプラザ阪下での開催となるJEC近畿大会。世界的にもめずらしいコンパクトなレースを実現するため、エンデューロクロス的なルートをギャラリー前に設置するなどの工夫をこらしたもの。

1周の設定タイムは最短17分と短いが、これからのオンタイムエンデューロを示唆するものとして評判は非常に高い。当日は折からの雨続きが一気にあがり、猛暑日となった。身体が慣れていないものが多いなかで、プラザ阪下は36度まで気温が上昇。ライダーには暑さとの戦いとなった。

前戦にて輝かしいIAデビューを遂げた小菅泰輝は、ミスに苦しみながらも7位につけた。父親にあたるトップライダー小菅浩司は、この第2戦の親子対決に勝利して6位という結果。9位、10位にはそれぞれベテランの柳原博一、大川原潤が入っている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る