[YAMAHA]「YZR-M1直系のピュアスーパースポーツ 2015 YZF-R1」公開

新型クロスプレーン型クランクシャフトを備えた新設計の998cm3水冷・直列4気筒・エンジンを搭載、1998年の初代モデルから8代目となる「YZF-R1/YZF-R1M」は“High tech armed Pure Sport”のコンセプトのもと、MotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるスーパースポーツのフラッグシップモデルとして開発。

200馬力の出力性能、6軸姿勢センサーを市販二輪車として初搭載、高度な制御技術により、ライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を提供します。

デザインも「YZR-M1」のイメージを投影し“Speed Racer”をコンセプトにイノベーションを図り、新たなR-DNAを構築しました。さらに、上級モデルの「YZF-R1M」は、電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウル、“レース”に役立つ各種情報を記録するインターフェイスを搭載。まさにサーキット最速のポテンシャルを目指したマシンです。

▼YZF-R1 “ALL NEW R1”

▼YZF-R1 “Concepts of the New R1”

▼YZF-R1 “The Story Behind the New R1”

▼All new Yamaha 2015 YZF-R1. We R1

▼All-New 2015 Yamaha R1M and R1

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る