[BRIDGESTONE]JMX Rd.6 IA2 馬場亮太が総合6位(ヒート1-6位/ヒート2-5位)

2015年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦東北大会は、岩手県一関市藤沢町の藤沢スポーツランドで開催された。全10戦で行われるシーズン後半最初のレース。会場となった藤沢スポーツランドは、アップダウンのある雄大なレイアウトとほぼ全体に搬入された山砂のサンド路面が特徴のコース。決勝が行われた日曜日は、前夜雨が降ったものの日中は曇り後晴れで、午後から強い日差しが照りつけタフなコンディションとなった。夏本番を迎えた3連休と重なったこともあり、公式発表で土日合わせ2500人の観客が、随所で繰り広げられた熱いバトルを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
ホールショットを奪ったのは富田俊樹(ホンダ-DL)。好スタートを決めた馬場亮太(ホンダ-ブリヂストン)は能塚智寛(カワサキ-DL)に続き3番手、馬場大貴(ホンダ-ブリヂストン)は9番手、大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は12番手でオープニングラップをクリア。前半、馬場亮太はルーキーながら3番手のポジションをキープし表彰台争いを展開するが、後半順位をキープすることが出来ず6位でフィニッシュ。馬場大貴は二つ順位を上げて7位、大塚は序盤15位まで順位を落とすも、後半盛り返して12位でチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る