BMW「S1000XR」がいよいよ発売!アドベンチャースポーツの新時代が到来か!

BMWからまったく新しいアドベンチャースポーツ、「BMW S 1000 XR」が登場。8月21日(金)より販売開始となる。

S1000XRは、スーパースポーツS1000RRの革新的テクノロジーとR1200GSシリーズで培ったツーリング性能を融合することで、新しく創出された”アドベンチャースポーツ”カテゴリーのモデル。S1000RRおよびHP4、ロードスターのS1000Rに続く、並列4気筒エンジン搭載モデルとしては4つ目のバリエーションシリーズとなる。

まず特徴は長いストローク量を確保した前後サスペンション。路面とのクリアランスを広く取ることで、ワインディングでの切り返し、カントリーロードの往来、高速巡航、そして荒れた路面などでの優れた走破性を発揮。デザイン的にもGS譲りの先鋭的なフロントエンドに防風性に優れるスクリーン、アップタイプのテール形状や2灯ヘッドライトをS1000RRから受け継ぐなど、両方のコンセプトが融合したものとなっている。

エンジンはロードスターS1000R用と共通の排気量999cc並列4気筒で、最高出力118kW(160ps)/11,000rpm(日本仕様)、最大トルク112Nm/9,250rpmとなっている。ただし出力特性はモデルのキャラクターに合わせて調教。荷物やパッセンジャーを搭載した日常走行から積極的なスポーツライディングまで様々な状況に対応可能なセットアップが施され、低中域でのトルクを大幅に強化しているのが特徴だ。

S1000RR譲りの電子制御システムも注目したい点。様々なコンディションに対応するため、走行モード切り替えシステムを標準搭載し、ライダーの好みと状況に応じて「Rain」、「Road」、「Dynamic」、「Dynamic Pro」の各モードに任意に設定することが可能となっている。また、オートマチック・スタビリティ・コントロール(ASC)およびダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)も標準装備され、駆動力と制動力の最適化を通じて高い安全性をも確保。さらにコーナーにおけるブレーキングにおいても、より高い安全性を提供するABS Proを標準装備するなど、最新のセーフティデバイスが搭載されている。

また、日本仕様にはスロットルやクラッチの操作なしにシフトチェンジ(アップ&ダウン)可能なギアシフトアシストPRO、巡航時の速度維持が可能なクルーズコントロール、グリップヒーターが標準装備されるなど、快適なツーリングのための装備も充実。純正アクセサリーが豊富に用意されている点も魅力だ。

S1000XRが打ち出した「アドベンチャースポーツ」という新たなカテゴリー。オンとオフの融合という点では、かつてのデュアルパーパスやホンダが提唱する「クロスオーバーコンセプト」に近いかもしれないが、BMWが目指すのはスポーツモデルの一形態として普遍化できる新たなジャンルの確立だろう。その頂点を狙うモデルとして、圧倒的な存在感を誇るS1000RRとR1200GSという2大フラッグシップを両親に持つ血筋が与えられた意味は大きい。ここ数年、アドベンチャーツアラーが世界的な流行りとなったが、これに続くムーブメントとして「アドベンチャースポーツ」が台頭できるかは、このモデルの成功にかかっていると言っていいだろう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】BMW、新コンセプトのアドベンチャー・スポーツモデル「S1000XR」を8/21に発売

【フォトギャラリー】
◆BMW「S1000XR Premium Line」新車ギャラリー

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る