[KTM]2015 EWC Rd.6 E2クラスのメオが 両日ともにTOPでゴール

『2015エンデューロ世界選手権/第6戦ベルギー』。KTM ENDURO FACTORYTEAMからE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#1Christophe Nambotin/クリストフ=ナンボティンは膝の怪我をかばいながら「250EXC-F」を駆り両日ともに2位。E2クラス(2st250cc/4st450cc)の#8 Antoine Meo/アントワ=メオは「350EXC-F」を駆り両日ともに優勝。E3クラス(2st300cc/4st500cc)の#1Matthew Phillips/マシュー=フィリップスは「300EXC」を駆り土曜3位/日曜2位。E3クラスの#25 Ivan Cervantes/イヴァン=セルバンテスは膝の手術を行い、順調に回復しています。

■E1 クラス
ディフェンディングチャンピオンのナンボティンは両日ともに2位でフィニッシュ。ポイントスタンディングス首位に7ポイント差の2位に付けています。

チーム監督/ファビオ=ファリオリのコメント:
「ナンボティンは土曜日に再び膝の靱帯を痛めてしまったようだ。決勝では何度か転倒したようだが集中力が高く、強さを保っている。最終戦に向け、それまでのブレイク期間を利用し膝の靱帯の手術を行う予定だ」

■E2 クラス
メオは両日ともにトップでフィニッシュ。最終戦を残し、2 位に 37 ポイント差を付けポイントスタンディングス首位に立っています。メオのライバル/P・レネ(ハスクバーナ)は土曜日の最初のエンデユーロテストで肩の関節を外しリタイヤ。メオはライバルがいなくなったことで、一層慎重に走ったと明かしました。メオは KTM ラリーチームにも加わり、来年 1 月にはダカールラリーにも参戦予定。そこでベストなパフォーマンスを見せるためにも、ここでは徹底したリスク排除を行ったのです。

■E3 クラス
ディフェンディングチャンピオンのフィリップスは土曜日3位、日曜日2位でフィニッシュ。しかしライバルのM・ベリーノ(ハスクバーナ)が両日ともに勝利し、ポイントスタンディグス2位のフィリップスに24ポイント差を付けてトップに立っています。

次戦/最終戦は9月3日(土)4日(日)、フランスで開催されます。

【Day1/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Christophe Nambotin – KTM
3, Daniel McCanney

■E2 Results
1, Antoine Meo – KTM
2, Alex Salvini
3, Loïc Larrieu

■E3 Results
1, Mathias Bellino
2, Matti Seistola
3, Matthew Phillips – KTM

【Day2/決勝結果】

■E1 Results
1, Eero Remes
2, Christophe Nambotin – KTM
3, Lorenzo Santolind

■E2 Results
1, Antoine Meo – KTM
2, Alex Salvini
3, Loïc Larrieu

■E3 Results
1, Mathias Bellino
2, Matthew Phillips – KTM
3, Matti Seistola

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Remes, 221
2, Nambotin(KTM), 214
3, McCanney, 157

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Meo(KTM), 228
2, Salvini, 191
3, Renet, 175

◎E3クラスポイントスタンディングス
1, Bellino, 217
2, Phillips(KTM), 193
3, Seistola, 163

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る