[YAMAHA]鈴鹿8耐4メーカー合同テスト1日目 好天の中、YAMAHA FACTORY RACING TEAMが好タイムを連発

7月14日、鈴鹿8耐の開幕を間近に控えた鈴鹿サーキットで、4メーカー合同テストの1日目が開催されました。この日は、6月末に行ったプライベートテスト、そして7月7・8日の公開合同テストとウエットの多かったこれまでと違い、本番さながらのコンディションとなったことで、各チームともロングランなど、レースを想定したテストを実施しました。

YAMAHA FACTORY RACING TEAMは、プラベートテストに続き、レギュラーライダー3名が参加し、R1も全日本選手権JSB1000クラスの参戦マシンと共通カラーリングをまとった本番車が初登場。午前中の1本目は中須賀克行選手が一人で走行し、黙々と周回を重ねてさまざまな情報を収集。タイムもトップから100分の2秒差となる2分8秒242で2番手となりました。

一方、ポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手の2人は、週末に行われたドイツGPを終えてすぐに日本へ移動。1本目のセッションには間に合いませんでしたが、鈴鹿到着と同時にスタートした2本目のセッションから休むまもなく合流してライディング。先にエスパルガロ選手が走行した後、スミス選手に引き継いで、ベストは2分9秒087で6番手としました。

午後のセッションでは、中須賀選手は引き続きロングランなど各種テスト項目をこなした一方で、エスパルガロ選手とスミス選手はマシン、コースの把握に集中。この中でエスパルガロ選手が並みいるライバル勢を抑え、この日最速となる2分7秒995をマーク、スミス選手もコンスタントに8〜9秒台を刻み、好調のうちに初日を終了しました。

また、世界選手権のレギューチームであるGMT94 YAMAHAから、デビット・チェカ選手とケニー・フォーレイ選手の2名が出走。1本目11秒台、2本目を12秒台とすると、午後の3本目では10秒317まで短縮して、徐々にペースアップを図り、2日目に繋がる結果を獲得。また、team R1 & YAMALUBEからは時永真選手、藤原儀彦選手が参加し、こちらも、最初のセッションは15秒台でしたが、着実にタイムを削り、最終的には2人ともに13秒台を記録して初日を終えました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る