[YAMAHA]鈴鹿8耐 第2回公開合同テスト ヤマハチームが悪天候の中、本番に向け貴重なデータを収集

7月7・8日の2日間に渡り、鈴鹿8耐の第2回公開合同テストが開催された。

今回は、世界耐久選手権にレギュラー参戦している「#7 MONSTER YAMAHA – YART」が来日。ブロック・パークスは不参加だったが、イバン・シルバ、シェリダン・モライスの2名が出走。新型「YZF-R1」の開発メンバーで構成する「#14 team R1 & YAMALUBE」は、時永真、藤原儀彦、ジェフリー・デ・フリース、「#60 磐田レーシングファミリー」からは、西村一之、澤村元章、真鍋秀司とそれぞれフルメンバーでの参加となった。

なお、「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、中須賀克行、ポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスに代わって、野左根航汰と藤田拓哉が参加した。

テストは、7日の朝から雨が降り続け、夜間走行を含めた全3セッションともに完全ウエット。8日午前中のセッション4、走行枠Aグループの#7、#21、#60走行時は完全ドライとはいかなかったが、走行枠Bグループの#14はドライで走行。その後のセッション5はA・Bグループともにドライコンディションとなったものの、最終のセッション6は再びの降雨でウエットとなった。

こうした状況のなかでも#7の2人は、鈴鹿が初走行であったため、本番に向けた貴重な機会として、サーキットの熟知とセッティング最適化を目的に精力的に周回を重ねた。チームベストは2分11秒655で総合21位となったが、「周回を重ねるごとに着実に速くなっていった」と手応えつかみテストを無事終了した。

#14は、元ヤマハファクトリーライダーの藤原が記録した2分14秒545をチームベストに、時永も14秒台をマーク。そして初の鈴鹿となったジェフリーも、セッティングに素早く適応して着実にタイム短縮。総合力の高さを見せSSTクラスでは4位(総合45位)とし、目標とするクラス優勝に向けて大きな前進を果たした。

#60は、ウエットコンディションとなったため、予定していたテスト項目を消化できなかったものの、ウエットでの貴重なデータを収集。今後のテストでは、マシンチェックを含めたロングランを予定している。チームベストは2分16秒813(総合72位)。

また#21は、野左根、藤田によるマシンチェックをメインとしたロングランを実施し、14・15日、決勝に向けての準備を確実に進めた。タイムはヤマハ勢では最高の2分11秒538(総合20位)をマークした。

本番に向けた3度目の公開合同テストには、再び中須賀、エスパルガロ、スミスの3人が鈴鹿に集結、もう一つの世界耐久選手権のレギュラーチーム「#94 GMT94 YAMAHA」も参加する予定となっている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る