【新製品】K&H、「BMW R1200GS LC用リアシート」を発売

オートバイのカスタムシートの企画・製造・販売を行うK&Hは、「BMW R1200GS LC用リアシート」を2015年7月11日に発売した。

製品は、シートベースからの専設計となっており、純正リアシートの座面がやや前下がりになっていることを考え、座面の傾斜を適正化。加速減速時に踏ん張りが利く仕様になっている。

また、ライダーとパッセンジャーのヘルメット同士がぶつかる事例を軽減でき、タンデムベルトが標準装備されている。

「BMW R1200GS LC用リアシート」
正リアシートのレザー張り替え品ではなく、シートベースから専設計となっており純正リアシートと取け替えとなります。着脱は純正リアシートと同様に鍵で操作します。前後の取り付け位置調整機構も純正同様に行えます。タンデムベルトが標準装備となります。

グラブバーを掴んでいると、雨天のツーリングではグローブが濡れてしまったり、寒い時期には走行風で手が冷え切ってしまいます。タンデムベルト付近であればパッセンジャーのグローブも濡れ難く寒い時期は走行風が直撃することはありません。左右グラブバーと持ち替える事により、パッセンジャーが姿勢を変え易く、長距離ツーリングでの肩首腰等の負担を軽減します。

価格:56,160円(税込み)

・Webikeショッピング K&H:ケイアンドエイチ ブランドページ
http://www.webike.net/brand/380/

・Webikeショッピング 新製品のお見積りはコチラ
https://www.webike.net/i/s/mitumoriMake.jsp

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
  2. 2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Da…
  3. 【インディアン SCOUT】ディテール&試乗インプレッション ひと目見た瞬間に「いや・・・…
  4. ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表…
ページ上部へ戻る