[REPSOL]MotoGP Rd.9 マルク・マルケスとダニ・ペドロサがワンツー・フィニッシュ

マルク・マルケスとダニ・ペドロサが、第9戦ドイツGPで、予選の順位を維持しそれぞれ1位と2位を獲得した。1年ぶりにレプソル・ホンダチームのライダー2人は、マルケスがスタートから飛び出し、ドイツGPの表彰台の上位を支配した。ペドロサは中盤までホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシと争っていたが、ついに2位にあがり、チェッカーフラッグまで順位を維持した。

スタートすると、マルケスとペドロサの両者は良いスタートを切ったが、ホルヘ・ロレンソに驚かされた。ロレンソが第一コーナーでリードした。5周後、マルケスは再びロレンソをパスした。そのコーナーはロッシがペドロサを4位に落とした前のコーナーだった。ロッシは8周目に2位に上がっていた。またペドロサも3周後にロレンソをパスした。ペドロサはついに13周目、本来の動きで2位に上がり、ペースを上げ、ロッシにチャンスを与えなかった。

この結果、マルケスは選手権4位で中間点に辿り着いた。マルケスは114ポイントでトップのロッシと65ポイント離れている。ペドロサは67ポイントで7位。今週、レプソル・ホンダチームは3日目のテストをするためにミサノに戻る。そこでさらに良い形で後半戦に向かうことができるようになるだろう。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る