モビスターヤマハMotoGP、次世代エンジン開発思想”BLUE CORE”のロゴを配した「YZR-M1」をドイツGPより投入

MotoGP世界選手権に参戦するMovistar Yamaha MotoGPは、次世代エンジン開発思想”BLUE CORE(ブルーコア)”のロゴをフロントカウルなどに配した「YZR-M1」を、第9戦ドイツGPより投入した。

“BLUE CORE”とはヤマハ発動機の次世代エンジンの開発思想で、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点が徹底的に追求されている。

このエンジンはすでにインドネシアなどの新興国向けモデルに採用されており、今後は先進国を含めた導入モデルに織り込まれていく。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る