モビスターヤマハMotoGP、次世代エンジン開発思想”BLUE CORE”のロゴを配した「YZR-M1」をドイツGPより投入

MotoGP世界選手権に参戦するMovistar Yamaha MotoGPは、次世代エンジン開発思想”BLUE CORE(ブルーコア)”のロゴをフロントカウルなどに配した「YZR-M1」を、第9戦ドイツGPより投入した。

“BLUE CORE”とはヤマハ発動機の次世代エンジンの開発思想で、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点が徹底的に追求されている。

このエンジンはすでにインドネシアなどの新興国向けモデルに採用されており、今後は先進国を含めた導入モデルに織り込まれていく。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る