ドゥカティ・コーナリング・ライト、日本で始めて認可を取得 デビューフェアを全国で開催

ドゥカティジャパンは、新車「Multistrada 1200 S」に搭載されているドゥカティ・コーナリング・ライト(DCL)が、日本国内で始めて認可を取得したことを発表した。

ドゥカティ・コーナリング・ライト(DCL)は、慣性測定ユニットからバンク角データを継続的に受信し、内蔵されたマイクロプロセッサーによりコーナリング・ライトの点灯制御を行う。

コーナーに差し掛かかり車体がある一定以上のバンク角に達すると、ヘッドライト内に配置された専用のLEDランプが進行方向イン側に向かって点灯。コーナーイン側を照らし、夜間コーナリング時の視界を保ち安全性を確保する。

従来ライト

ドゥカティ・コーナリング・ライト(DCL)

また、ドゥカティは、コーナリング・ライト搭載の 「New Multistrada 1200 S」の、全国統一ショールームデビューフェアを2015年8月1日・2日に開催する。下取り車両査定・見積りした人へは「DUCATIオリジナルネームタグ」がプレゼントされる。

DUCATIオリジナルネームタグ

■名称
New Multistrada 1200 S全国統一ショールームフェア

■開催日
2015年8月1日・2日

■開催場所
全国のディーラー正規販売店
検索はこちら

【関連ニュース】
◆Ducati、Monster 1200 / Monster 1200 S 日本導入のお知らせ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る