[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.9 予選 M・マルケスがポールポジション記録を更新

第9戦ドイツGPの舞台、ザクセンリンクサーキットは、2010年以来、レプソル・ホンダ・チームの選手が毎年優勝を飾っている(2010〜2012:D・ペドロサ、2013〜2014:M・マルケス)。今年のドイツGPも例年と同様の流れで、マルケスが圧倒的な速さを披露し、自身の持つサーキットベストラップ記録(1`20.937:2014年)を0.601秒も更新してポールポジションを獲得した。

金曜から好調な走りを見せていたマルケスは、土曜午後のQP2でも圧倒的な速さを披露し、1分20秒336をたたき出した。チームメイトのペドロサは1分20秒628で2番グリッド。フロントロー3番グリッドは、J・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)。ベストタイムは1分20秒921だった。

フロントローの三選手は、リア用にミディアムコンパウンドのタイヤを装着してそれぞれ自己ベストタイムを記録した。フロントタイヤに関しては、マルケスとペドロサはミディアムコンパウンド、ロレンソは左右非対称コンパウンドという選択だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る