[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.9 決勝 M・マルケスが得意のドイツGPで6年連続優勝

ザクセンリンクサーキットで行われたドイツGPの決勝レースは、M・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が後続を大きく引き離して独走優勝。2010年に125ccクラス(当時)でポールトゥウィンを達成して以来、当地では負け知らずの6年連続優勝を挙げた。

MotoGP年間総合優勝を達成した2013年や2014年と同様に、今年もポールポジションスタートで決勝日を迎えたマルケスは、レース序盤こそJ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)に先行を許して2番手につけたものの、5周目にトップを奪うと、以後は周回ごとにリードを広げ、全30周のレースを終えて今シーズン2回目となるトップチェッカーを受けた。後続との差を広げる過程で、マルケスは10周目に1分21秒530を記録してサーキットレコードラップ(1`21.846:D・ペドロサ:2011)を大幅に更新。41分01秒087という総レースタイムでも、既存レコード(41分12秒482:D・ペドロサ:2011)を11秒以上も塗り替える新記録になった。

チームメイトのD・ペドロサが持ち味の高い安定感を発揮して、マルケスから2.226秒差で2位を獲得。3位はペドロサから3秒後にゴールしたV・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)だった。今日の決勝レースでは、レプソル・ホンダ・チームの両選手がフロント用にハードコンパウンド、リア用にはミディアムコンパウンドのタイヤをそれぞれ装着、ロッシは左右非対称コンパウンドのフロントタイヤとミディアムコンパウンドのリアタイヤという組み合わせだった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る