[YAMAHA]MotoGP Rd.9 予選 ロレンソがフロントロウを獲得!

■大会名称:第9戦ドイツGP
■開催日:2015年7月11日(土)予選結果
■開催地:ザクセンリンク/ドイツ
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度
■路面温度:36度
■FL:M・マルケス(1分20秒336)

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが予選3位を獲得。チームメイトのV・ロッシもフロントロウを狙っていたが、わずかに届かず6位となった。

ロレンソはいつものように、真っ先にコースに飛び出し、最初のアタックで早々に1分21秒481の記録で2位に浮上した。しかしその後はタイムを更新できないまま、残り8分でピットに戻りリアタイヤを交換、2分後にコースに復帰した。この間に一旦は6位まで後退したものの、1分21秒台の壁を破る1分20秒921をたたき出して再び2位へ浮上。さらに自己ベストを更新しようと3ラップにわたってトライしたが、記録更新はならないまま3位で予選セッションを終了した。トップとの差は0.585秒。

一方のロッシもスタートのシグナルとともに早々にコースイン。1ラップ目で6位につけたあと、全体のペースが上がってくると7位へ後退。しかし全長の短いザクセンリンクではさらに3ラップのトライが可能となり、そのなかで1分21秒364までタイムを更新して3位へと浮上した。

6分半を残してピットイン。素早くタイヤを交換してコースに戻り、最後のアタックを開始したが順位では4位へ後退。しかし、あきらめずに2ラップ目のアタックでは1分21秒220へと更新し、再び3位へ浮上した。このまま3位をキープしてフロントロウを確実にしたいところだったが、セッション終盤で3人のライバルがタイムを上げ、ロッシは6位へと後退。トップとの差は0.884秒だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る