[YAMAHA]MotoGP Rd.9 フリー走行 ザクセンリンクの初日、ロレンソが4位

■大会名称:第9戦ドイツGP
■開催日:2015年7月10日(金)フリー走行総合結果
■開催地:ザクセンリンク/ドイツ
■コースコンディション:ドライ
■気温:17度
■路面温度:32度

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、第9戦ドイツGPのフリープラクティスを順調にスタート。比較的、低い気温のなかでリズムをつかみ、それぞれ4位と7位で初日を終えた。

ロレンソは非常に冷静沈着。午前中の第1セッションから素早くペースをつかみ、開始から10分でロッシを上回りトップに浮上。その後も1分22秒台をキープして周回を続け、最終的には1分22秒445を記録して7番手でセッションを終了した。午後からの第2セッションは早々にコースに飛び出して、しばらくトップをキープ。後半になると全体のペースが上がったため順位を下げたが、同時にセッティングにも力を入れて取り組んだ結果、22秒の壁を破って1分21秒886をマークした。これによって総合順位は4位。トップとの差は0.265秒。

一方のロッシは、前回同様のアプローチ。第1セッション序盤からペースを上げ、最初のアタックでトップに浮上。そのあとはセッティングに集中し、1分22秒102のベストタイムで2位となった。第2セッションも引き続きセッティング作業に取り組み、左右非対称のフロントタイヤをテスト。左コーナーが10、右コーナーが3というザクセンリンクのレイアウトと、気温の変化に対応するためだ。ラップタイムでは午前中の記録を更新できず、トップから0.481秒差の総合7位。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る