[YAMAHA]MotoGP Rd.9 6連勝を目指しドイツへ

■大会名称:第9戦ドイツGP
■開催日:2015年7月10日(金)フリー走行、11日(土)予選、12日(日)決勝
■開催地:ザクセンリンク/ドイツ
■開設:1996年
■コース長:3.671km
■サーキットレコードラップ:1分21秒846(2011年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分20秒937(2014年:M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

オランダGPの熱戦から2週間、Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは今週末、第9戦ドイツGPに出場する。

前回のアッセンではロッシが今季3度目の優勝。一方のロレンソも健闘し、予選8位から3位まで追い上げる力強さを見せた。ふたりはこの好成績に自信を深め、シーズン前半戦の締めくくりとなる第9戦に臨む。

シリーズポイントでは、ロッシがロレンソに10ポイントをリードしてランキングトップをキープ。今回の目標は、このアドバンテージをさらに拡大することだ。ザクセンリンクはコース幅の狭い低速コースとして知られるが、ロッシはここで合計10回、表彰台を獲得。最高峰クラスでは4回の優勝経験があり、今回は5回目を狙おうというところ。

チームメイトのロレンソも、ここザクセンリンクでは何度も表彰台に上っている。昨年は、その他の大勢のライダーと同様、スタート直前にマシンを交換してピットレーンからコースイン。周回を重ねるうちにドライ・ラインがあらわれると、作戦通りにペースアップを図り見事3位を獲得した。このほかにも2009年から2012年まで4年連続の2位。今年はザクセンリンクでの初優勝を目指している。

ザクセンリンクで初めてレースが開催されたのは1927年。1996年には安全性を理由に改築工事が施され、その完成からわずか2年後にMotoGPを初開催。以来、毎年欠かさず行われてきた。

コース幅が12メートルと狭いうえに、連続する多くの低速コーナーがオーバーテイクを難しくさせている。それでもここでは何度も激しい接近戦が繰り広げられており、観客席に陣取る多くのファンの目を釘付けにしてきた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る