[HONDA]MotoGP Rd.9 ドイツ プレビュー

第9戦ドイツGPが、7月10日(金)〜12日(日)の3日間、ドレスデン近郊のザクセンリンクで開催されます。ザクセンリンクの歴史は古く、1927年に初めて公道を使ったレースが行われ、1961〜72年には、東ドイツGPの舞台となりました。そして、90年に東西ドイツが統合されるとザクセンリンクでのグランプリ復活を望む声が高まり、全面改修を受けた1998年に「ドイツGP」の舞台として復活し、今年で18回目を迎えます。

グランプリが復活した当初は、一周3.508kmのショートコース。タイトなコーナーが連続し、ストレートも短く、エンジンパワーをほとんど発揮できないレイアウトでした。そのため、2001年にコース後半部分が改修されて、3.704kmへと延長されます。さらに、03年にはコース幅を広げる改修が行われ、全長は3.671kmへとわずかに短くなりましたが、MotoGPマシンのパフォーマンスを発揮できるコースに生まれ変わりました。ザクセンリンクは、パッシングポイントの多い白熱した戦いが繰り広げられるサーキットとして、選手たちにも好評です。

過去17回の大会でHondaは11勝を挙げています。ザクセンリンクで優勝してきたHondaライダーは、ミック・ドゥーハン、アレックス・バロス、バレンティーノ・ロッシ(現ヤマハ)、セテ・ジベルナウ、マックス・ビアッジ。そして、Repsol Honda Teamで10年目のシーズンを迎えるダニ・ペドロサは過去4勝を挙げています。さらに、デビューした13年に史上最年少記録でチャンピオンに輝いたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2013〜14年で2連勝を達成してファンを喜ばせました。

2年連続でMotoGPクラスのチャンピオンに輝いたマルケスは、10年には125cc、11年、12年にはMoto2クラスを制しています。そして、13年、14年は最高峰クラスを制し、ドイツGPでは5連勝を達成しています。今年は8戦を終えて総合4位。優勝1回、2位2回と苦戦のシーズンになっていますが、前戦オランダGPで復調を感じさせる走りを見せているだけに、今季2勝目とドイツGP6連勝への期待が膨らんでいます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る