[BRIDGESTONE]JMX IA2 Rd.2 大塚豪太がヒート1で5位・馬場大貴はヒート2で4位

2015年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第5戦神戸大会が、神戸空港特設コースで開催された。

平坦な埋め立て地に特設されたコースは、1周が1分強というショートコースで、コンビネーションジャンプやタイトターンを組み合わせたスーパークロス風のレイアウト。土曜に降り出した雨が日曜朝まで降り続いたが、決勝日は持ち直して終日曇り空となり、ウェット状態だったコースも徐々に回復。マディからドライと変化する中でレースが行われた。

全日本では異例となる都市部での開催ということで、公式発表で6604人の観客がコースの外周からレースを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
オープニングラップを5番手で終えた大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は、前半このポジションをキープすると、中盤能塚智寛(カワサキ-DL)の転倒で4番手に浮上。後半大塚は、3番手のポジションを狙うも、終盤追い上げてきた能塚に順位を奪われてしまい5位でフィニッシュ。後方では、馬場亮太(ホンダ-ブリヂストン)が中段の激しいバトルをしのいで10位。スタート1コーナーの転倒に巻き込まれた馬場大貴(ホンダ-ブリヂストン)は、オープニングラップ25番手から14番手まで順位を上げてチェッカーを受けた。

■IA2 ヒート2
ホールショットを奪ったのは富田俊樹(ホンダ-DL)。後方では馬場大貴が6番手、小林秀真(カワサキ-ブリヂストン)が9番手、高輪喜樹(ホンダ-ブリヂストン)13番手、馬場亮太は15番手でレースをスタート。前半岡野聖(ヤマハ-DL)をパスし5番手に順位を上げた馬場大貴は、後半田中雅己(ホンダ-DL)をパスし4番手に浮上すると、このポジションをキープして、今季自己ベストとなる4位でフィニッシュ。ルーキーの馬場亮太は10位、小林は13位でフィニッシュした。
 
 

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る