[YAMAHA]WMX Rd.11 フェーブルが両ヒート優勝、ジェレミー・ファン・フォルベークも総合2位

■大会名称:2015年第11戦スウェーデンGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年7月5日
■開催地:ウッデバラ(コース長:1,750m)
■観客数:22,000人
■天候:晴れ/曇り

日差しを浴びたコンパクトなウッデバラのサーキットに、22,000人の観客を集めて開催された2015年MXGPFIMモトクロス世界選手権第11戦スウェーデンGPで、Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルが、初の1-1で両ヒートを制して4連勝を果たし、ポイントランキングでのリードも広げた。YZ450FMを駆るチームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークも総合2位に入り、今年初の表彰台に立った。

イェーテボリ市の北に位置するこの地の気温は30℃近くまで上昇。ダスティでハードパックのこのサーキットはトリッキーなコースで、スタート位置が極めて重要だ。ドイツGP後、ファクトリーチームはイタリアでテストを実施。その成果はスウェーデンGPでのフェーブルとファン・フォルベークの速さで示された。

第1ヒート(両ヒートとも30分と2周で争われる)、フェーブルは第1コーナーからトップに躍り出ると、追いすがるE・ボブリシェブ(ホンダ)をしり目に、楽勝ペースでトップを快走。そしてレース中盤、ボブリシェブがクラッシュするとファン・フォルベークが2位に上がり、そのまま今シーズンこれまでの最高位となる2位でフィニッシュした。

第2ヒートは、フェーブルがスタートでホールショットを奪うが、第1コーナーで若干膨らみ、K・ストライボス(スズキ)の先行を許すことになった。しかしフェーブルはストライボスの背後に忍び寄り、トップの2選手は他を引き離しながら先行。フェーブルは追い抜きのチャンスを虎視眈々と狙う。そしてフェーブルは全19周中の15周目に動きに出る。サーキットのバックセクションでストライボスを抜き去ると、以後これを引き離し、そのままフィニッシュ。自身初となる両ヒートとも1位で勝利を飾った。ファン・フォルベークは5位でスタートすると、そのままポジションをキープしてチェッカーフラッグを受け、総合2位となった。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは総合10位となった。元世界チャンピオンで、ウッデバラでは最も経験豊富なフィリッパーツは、第1ヒートでT・サール(KTM)、次いでスズキのK・ストライボス、そしてG・コルデンホフと好バトルを演じ、それらすべてを打ち負かして7位でチェッカーフラッグを受けた。第2ヒートではG・ポラン(ホンダ)を破り、9位でフィニッシュした。

FIM世界選手権ランキングで、レッドプレートを持つフェーブルは、2位のA・カイローリ(KTM)に39ポイントの差をつけている。ファン・フォルベークは足の骨折により2戦の欠場を余儀なくされた後、躍進して現在8位につけている。フィリッパーツは12位を堅持している。 MXGPはこの週末、ラトビア・グランプリが開催されるケグムスに移動する。7月はこの第12戦の後、25、26日に東ヨーロッパのチェコ・グランプリが開催される。

コメント
■R・フェーブル選手談(1位/1位:総合1位)
「本当にすごい週末だった。ここまで3連勝しているけど、1-1はなかったので、それができてすごく良かった。トップに立ち、安全にライディングして良いラインを見つけるにはスタートが重要だった。第2ヒートではホールショットを奪ったけど、少し膨らんでしまったためにケビン(ストライボス)がインサイドに来た。土曜日に良いバトルをしているので、彼をパスするのは難しいだろうとわかっていた。2、3のミスを冒したし、気持ちの中ではGPで優勝するには2位で充分だと考えていたけど、2周を終えて彼に追いついて、それで再びやってみようと決め、残り3周となったところで実行した。スタートはどのレースでも重要で、僕らは皆、同じ速さなんだ。先週のテストで、スタートとコース上でのパフォーマンスを大幅に向上させた。今週末がうまく行ったので、やってきたことに満足することができる」

■J・ファン・フォルベーク選手談(2位/5位:総合2位)
「久しぶりだよ! シーズン開幕当初は大きなプレッシャーを感じていた。その後足を骨折して、そこから復帰するのが大変で、精神的に苦闘していた。“なぜこんなことが僕に起こっているんだ?”って考えてね。立て直して、すごくハードワークをして来て、ここ何週間で成果が出始めた。全体的には未だ満足していないけど、もっと良くできることはわかっているんだ」

■エリック・エゲンス、ヤマハ・モーター・ヨーロッパ MXレーシングマネージャー
「何という一日だろう。MXGPとMX2両チーム共に現在すごく良くやっていて、このような結果を示すことができて、YZ450FとYZ250Fをコース上で最高のバイクのひとつに開発できている。ロマン(フェーブル)は素晴らしい一年を続けているし、ジェレミー(ファン・フォルベーク)の初めの厳しい状況からシーズンへのカムバックは、今日の力強いパフォーマンスでほぼ完了した。彼らは高いレベルで動いているし、我々はそれをうれしく、また誇りに思っている。まだたくさんレースは残っているが、現在どのように進んでいるかについては、我々は満足することができない」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る