[Team KAGAYAMA]ARRC Rd.3 ズズキ・アジアン・チャレンジ、初の雨のレースとなった鈴鹿戦

FIMアジアロードレース選手権 (ARRC) の2015年シーズン新たに設けられたレース・シリーズが、加賀山就臣がプロデュース・監修するスズキのライダー育成プログラム「スズキ・アジアン・チャレンジ」です。その第3戦は日本での初の開催となります。

その舞台は、鈴鹿。残念ながら梅雨模様となったレースウィーク、 鈴鹿のピットには、MotoGPマシンと同じカラーリングが施されたアンダーボーンフレーム150ccモデルのSUZUKI FU150が並びました。

「スズキ・アジアン・チャレンジ」は各戦で2レースを行うこのプログラムで、この第3戦も7月4日(土)は予選と決勝レース1が開催され、7月5日(日)はレース2が行われます。

練習走行セッションまでは天気が持ったものの、予選セッションで は初のウエット、そしてシリーズ屈指のテクニカルコースとなる鈴鹿に多くのライダーがてこずる中、予選セッションでは、開幕戦のマレーシア、第2戦インドネシアで勝っている#98 Patis CHOOPRATHET(パティス・チョープラテット)選手がポールポジションを獲得。そして鈴鹿を知っており練習走行からそ の速さを見せた地元日本からの参戦の#83村瀬健琉(むらせたける)選手が2番手に。さらにパティス選手同様過去2戦ともに表彰台に上がっている#43 Andreas GUNAWAN(アンドレアス・グナワン)選手が3番手に入りました。

予選セッション時から降り出した雨がさらにひどくなるヘビーウエットの状態で、レース1はスタートしました。3番手スタートのグナワン選手がフロントロウから飛び出し、レースをリードします。続く2番手はパティス選手らが続いたのですが、早々に2、3番手の選手がスリップダウン。後続のライダーたちが離れた形となり、グナワン選手にとっては楽な展開となりました。その後も2位争いは終始バトルが繰り広げられ、しかし、さらにそこからスリップダウンで数台が戦線を離脱。結局2番手争いを制したのは、11番手スタートのApril King H. MASCARDO(エイプリル・マスカード)選手。続く3位には2番手争いを生き残った村瀬選手が入り、今回もインドネシア、フィリピン、日本と、表彰台に上がった選手たちの国旗が表彰台に掲げられ、国際色豊かなレースを印象付ける形となりました。

コメント
■Andreas GUNAWAN(アンドレアス・グナワン) | #43

「マレーシア、インドネシアに続き今回も表彰台に乗ることができ ました。予選と決勝、コースのコンディションが違いすぎていて、 合わせるのが難しいレースでした。おまけに気温も寒くて、なかなかコンセントレーションを高めることも難しく、レース中はバイクを壊すことの無いようにレースだけに集中して、ちゃんと勝つことができました。明日も集中して気を付けて走ってまた1位を獲りたいです。」

■加賀山就臣 | ゼネラルマネージャー
「我々にとっての地元であるこの鈴鹿で、スズキ・アジアン・チャレンジを開催できました。スポンサー、関係者の皆様にまずは御礼を申し上げます。

初めてのウエットコンディションで、ドライタイヤでの走行、そして鈴鹿という難しいコース。若いライダーたちにとっては非常に難しい状況で、その多くにとって初めての経験だったと思います。
しかし、すでに2戦を終えて、彼らのレベルも上がってきていて、 進歩していることを実感できるレースでもあったと思います。今回のこのウエットのレースも彼らにとって、いい経験になったと思います。明日のレース2も事故なく無事に走りきってくれることを願います。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る