[HONDA]ARRC Rd.3 SS600はレース1で小山知良が2位。レース2は高橋裕紀と小山が1-2フィニッシュ

2015年7月4日(土)、5日(日)・決勝
会場:鈴鹿サーキット(5.807km)
天候:決勝1日目/雨、決勝2日目/晴れ
気温:決勝1日目/23.2℃、決勝2日目/22.3℃

アジアロードレース選手権の第3戦が、三重県・鈴鹿サーキットで開催されました。今回のアジアドリームカップは、鈴鹿サンデーロードレースの一戦として開催。アジアドリーム エンデュランス レースとして、日曜日に行われたため、通常とは異なるスケジュールで進められました。また、スーパースポーツ(SS)600は、土曜日にレース1が、日曜日にレース2が行われました。

SS600のポールポジション(PP)は高橋裕紀(MuSASHi Boon Siew Honda Racing)。チームメートのザムリ・ババは、前戦インドネシア大会のクラッシュにより入院中のため、欠場となりました。レース1は、雨が断続的に降る難しいコンディションとなりました。ホールショットは芳賀紀行(スズキ)が奪いますが、高橋は、すぐにトップを奪い返してレースをリード。その後、独走体制を築こうとしますが、雨が強くなり、逆バンクにできた水たまりで転倒してしまいます。なんとか再スタートしますが、そのままピットへと戻りました。最終的に、伊藤勇樹(ヤマハ)が勝利。激しい2番手争いを小山知良(T.Pro Yuzy Honda)が制し、3位に芳賀が入りました。

レース2は、芳賀がホールショット。S字で高橋が前に出ますが、130Rで伊藤がトップを奪い、伊藤、高橋、稲垣誠(ヤマハ)、芳賀、小山の5台によるトップ争いに。その後、伊藤と高橋、稲垣が集団から抜け出し、芳賀をパスした小山が追う展開となります。7ラップ目には、小山がトップ集団に追いつき、4台がトップを争いました。8ラップ目の130Rで、高橋が伊藤を捕らえてトップに立ち、そのまま逃げきり優勝。最終ラップで小山が伊藤をパスし、2位でチェッカーを受けました。3位には伊藤が入りました。

今回のアジアドリームカップ(ADC)は、2時間の耐久レースとなりました。ADCライダーは国別で2人1チームとなり、10チームが参戦。今回は耐久レースのため、予選の結果もポイントランキングに加算されます。予選では、前田誠司/岡田善治組(Hybrid&MarutomiAuto with TTS RacingTeam)がPP、ADCに参戦中のライダーのトップは、中村大輝/仲村優佑組(Asia Dream Cup Racing Team Japan)で4番手につけました。

10時30分に伝統のル・マン式スタートが切られました。スタート時はウエットコンディションで、転倒車が多く出ましたが、路面は次第に乾いていきます。ホールショットを奪った埜口遥希/渡辺瑛貴組(56RACING)がそのまま先頭を走りますが、3ラップ目に長谷川聖/村田憲彦組(CLUB Y`s & co.)がトップに。その後はピットインして、給油とライダー交代を終えた前田/岡田組が前に出ます。前田/岡田組は、そのままトップの座を守りきり優勝。2位には安冨成士/福井宏至組(3601MotorSports+SAMURAI FACTORY)、激しい3位争いを制したのは久保直諒/西澤耕治組(kurodaya)でした。中村/仲村組は最終ラップのシケインで転倒してしまいますが、再スタートして7位に入り、ADCライダーのトップでレースを終えました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る