[REDBULL]MotoGPライダーの驚異的な回復力

MotoGPライダーたちは高速走行能力だけではなく、怪我からの回復能力も素晴らしい。世界中の難コースの数々を時速300km以上で疾走するMotoGPスターたちの勇猛果敢ぶりは、ファンから尊敬の眼差しを受け続けている。

普通の人間に比べ、MotoGPライダーたちがいかに早く怪我から復帰し再びバイクに乗っているかを知れば、その尊敬の念は更に強まるだろう。

痛ましい脚の骨折を負ったヴァレンティーノ・ロッシのケースを例に挙げよう。通常ならばリハビリ開始まで最低6ヶ月もの療養期間を必要とする種類の怪我でありながら、ロッシは僅か6週間で回復して再び戦列に復帰した。また、目を覆わんばかりの酷い鎖骨骨折を負ったホルヘ・ロレンソも、事故から僅か48時間後に再びレースでバイクを駆っていた。そして今シーズン序盤、指の骨折を負ったマルク・マルケスが事故から6日後に復帰を果たしたことも記憶に新しい。

今回はMotoGPライダーたちの驚異的なカムバックの数々を例示し、彼らがいかに超人的な回復能力を有しているかを図解する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る