[KTM]MotoGP Rd.8 オリベイラがMoto3クラスキャリア2勝目をマーク

『2015MotoGP/第8戦オランダ・アッセン』。 KTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoの#44Miguel Oliveira (ミゲール=オリベイラ)は7台よるTOP争いを制し今季2勝目/Moto3クラスにおいてキャリア2勝目をマーク。またチームメイトの#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は7位でゴール、 #98Karel Hanika (カレル=ハニカ)は8位でフィニッシュしました。

オリベイラは2列目からスタートすると、一時4位に順位を落とすも終始トップ争いを展開。常に勝利を意識したクレバーな走りを見せました。そして迎えたファイナルラップ。そのときは誰が勝利を手にするか分からない状態でした。そんななかオリベイラは最終コーナーでトップに立ちそのままチェッカー。2位に0.066秒差という僅差でMoto3クラスにおけるキャリア2勝目を獲得しました。

チームメイトのハニカは今シーズン、多くの不運に見舞われていました。しかしここアッセンでは予選で速さを取り戻し、自身初のフロントローを獲得。決勝でもセカンドグループトップの8位でフィニッシュ。また同じくチームメイトのビンダーは3列目からスタートするとトップグループでレースを戦い、トップからわずか0.5秒差の6位でフィニッシュしました。

オリベイランのコメント:
「逃げ切ろうと何度もトライしたが追いつかれてしまった。F・クアルタラロ(ホンダ)を抜いたファイナルラップの最終コーナーで、転倒することなく自分のラインをキープすることができた。自分に取ってもチームにとっても素晴らしい勝利だった」

次戦/第9戦は、7月12日にドイツで開催されます。

■決勝結果
1, Miquel Oliveira – KTM
2, Fabio Quartararo
3, Danny Kent

Other KTM
5, Romano Fenati
7, Brad Binder
8, Karel Hanika
12, Andrea Migno
15, Philipp Oettl
17, Niklas Ajo
20, Jakub Kornfeil
23, Ana Carrasco
25, Gabriel Rodrigo
DNF, Zulfahmi Khairuddin

■Moto3ポイントスタンディングス
1, Kent, 165 point
2, Bastianini, 108
3, Oliveira(KTM), 102
4, Fenati(KTM), 86
5, Vazquez, 76

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る