[Kawasaki]JRR Rd.4 JSB1000 まさかのアクシデントにも屈せず柳川はピット帰還

■ 2015年 全日本ロードレース選手権 第4戦 SUGOスーパーバイク120mile耐久レース
■ JSB1000
■ 開催日:2015年6月28日(日)
■ サーキット名:スポーツランドSUGO(3.737 km)

杜の都・仙台から1時間弱。スポーツランドSUGOは森の中に広がるテクニカルサーキットだ。コース長はおよそ3.7キロ。約67メートルの高低差を巧みに利用したレイアウトで有名だ。ホームストレートに続く長い登り坂は「10%勾配」と呼ばれ、フルスロットルで駆け上がってくるライダーは、空に向かって離陸するような感覚に襲われる。

第4戦は「120マイル耐久」レースで、1周3.7キロのコースを52ラップする。全日本ロードレース選手権の前後半のあいだに開催される「鈴鹿8時間耐久レース」を強く意識したレースレギュレーションで、スタートはマシンにライダーが駆け寄る「ルマン方式」。レース中の給油やタイヤ交換などピット作業も必要となってくる。また、このレースに限り1台のマシンを二人のライダーが交代でライディングすることが許され、獲得ポイントも両ライダーに与えられる。チームグリーンは柳川、渡辺の両選手がゼッケン87のマシンでエントリー。まずは土曜日の予選に臨むこととなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る