[YAMAHA]MotoGP Rd.8 予選 ロッシが“聖地”でPP、開幕から連続表彰台を狙う!

■大会名称:第8戦オランダGP
■開催日:2015年6月26日(金)予選結果
■開催地:アッセン/オランダ
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度
■路面温度:37度
■PP:V・ロッシ(1分32秒627/ヤマハ)

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシがドライ・コンディションの下で好タイムをマーク。ラップレコードを更新する1分32秒627で自己通算61回目のポールポジションを獲得した。チームメイトのJ・ロレンソは思うような走りができないまま8位に留まった。

フリープラクティス第4セッションまでに総合トップに立っていたロッシは、15分間の公式予選でさらなるタイム短縮を狙っていた。真っ先にピットレーンを離れて最初のラップで8番手。2周目は順位を上げることができなかったが、3周目で5位へ浮上した。残り7分でピットに戻って新品タイヤに交換。1分後にコースに復帰した直後に一旦8位へ後退したが、このことで一層モチベーションが上がって最後のアタックへ。フロントロウ獲得を目指して全力で挑むと、ついには1分32秒627という見事なタイム。昨年、M・マルケス(ホンダ)が記録したサーキット・レコードを0.835秒も上回る速さでポールポジションを確実にした。

一方、ロレンソは4戦連続のフロントロウ獲得はならなかった。いつもとは逆の作戦をとり、前方に十分なスペースを空けてから最後尾でコースイン。最初のラップで1分33秒146を記録してトップに立ったが、その後4位へ後退。次の周回で0.029秒短縮して3位へ上がったあと、ピットに戻ってタイヤを新品に交換した。コースに復帰したときには残り6分。次のアタックで1分33秒044へ短縮し、一時はトップに0.415秒差まで迫る2位へ浮上したが、終盤、ライバルたちがペースを上げたことで順位を下げた。ロレンソはグリッド2列目を逃し、3列目の真ん中から決勝をスタートする。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る