[BRIDGESTONE]JRR Rd.4 ST600 DRYタイヤで勝負に出た中本郡が全日本初優勝

ブリヂストンのワンメイクレースとして生まれ変わって第4戦SUGOで3レース目を迎えるST600クラス。土曜日の予選はWETコンディションのためWETタイヤ本数制限がなく、各車とも周回を重ねる。稲垣誠・Dクライサー・C.ポラマイ・榎戸育寛・岩戸亮介が次々にリーダーボードのトップに浮上する。最後までリーダーボードはくるくると替わり、最後まで自身のタイムを削った岩戸が全日本初ポールポジションを獲得した。

岩戸は「もともと事前テストからDRYコンディションでの調子もよく、今日は苦手ではないWETコンディション。マシンに問題があったのだけれど、それに対処するよりも自分の走りに専念した。明朝のフリー走行でマシンの問題を解決して、決勝はしっかりと臨みたい」と気を引き締める。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る