[BRIDGESTONE]JRR Rd.4 ST600 DRYタイヤで勝負に出た中本郡が全日本初優勝

ブリヂストンのワンメイクレースとして生まれ変わって第4戦SUGOで3レース目を迎えるST600クラス。土曜日の予選はWETコンディションのためWETタイヤ本数制限がなく、各車とも周回を重ねる。稲垣誠・Dクライサー・C.ポラマイ・榎戸育寛・岩戸亮介が次々にリーダーボードのトップに浮上する。最後までリーダーボードはくるくると替わり、最後まで自身のタイムを削った岩戸が全日本初ポールポジションを獲得した。

岩戸は「もともと事前テストからDRYコンディションでの調子もよく、今日は苦手ではないWETコンディション。マシンに問題があったのだけれど、それに対処するよりも自分の走りに専念した。明朝のフリー走行でマシンの問題を解決して、決勝はしっかりと臨みたい」と気を引き締める。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る