[BRIDGESTONE]JRR Rd.4 ST600 DRYタイヤで勝負に出た中本郡が全日本初優勝

ブリヂストンのワンメイクレースとして生まれ変わって第4戦SUGOで3レース目を迎えるST600クラス。土曜日の予選はWETコンディションのためWETタイヤ本数制限がなく、各車とも周回を重ねる。稲垣誠・Dクライサー・C.ポラマイ・榎戸育寛・岩戸亮介が次々にリーダーボードのトップに浮上する。最後までリーダーボードはくるくると替わり、最後まで自身のタイムを削った岩戸が全日本初ポールポジションを獲得した。

岩戸は「もともと事前テストからDRYコンディションでの調子もよく、今日は苦手ではないWETコンディション。マシンに問題があったのだけれど、それに対処するよりも自分の走りに専念した。明朝のフリー走行でマシンの問題を解決して、決勝はしっかりと臨みたい」と気を引き締める。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る