[BRIDGESTONE]JRR Rd.4 J-GP2 難しいコンディションのレースで生形秀之が2位表彰台を獲得

世界グランプリ帰りで昨年タイトルを獲得した高橋裕紀(DL)が今季も圧倒的な強さを見せているJ-GP2クラス。

予選セッションがスタートして30分が経過した時点で雨は強まり、霧も濃くなり、天候悪化を理由に赤旗提示。セッションは再開することなく、そのまま予選成立となってしまった。関口(ブリヂストン)はマシントラブル、生形(ブリヂストン)はこれからタイムアタックというタイミングでの赤旗で後方に沈み、高橋が2番手以下に1秒8という大差をつけてのポールポジション獲得という予選結果。星野知也(ブリヂストン)が自身初のフロントロウとなる2番手グリッドを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る