[BRIDGESTONE]JRR Rd.4 J-GP2 難しいコンディションのレースで生形秀之が2位表彰台を獲得

世界グランプリ帰りで昨年タイトルを獲得した高橋裕紀(DL)が今季も圧倒的な強さを見せているJ-GP2クラス。

予選セッションがスタートして30分が経過した時点で雨は強まり、霧も濃くなり、天候悪化を理由に赤旗提示。セッションは再開することなく、そのまま予選成立となってしまった。関口(ブリヂストン)はマシントラブル、生形(ブリヂストン)はこれからタイムアタックというタイミングでの赤旗で後方に沈み、高橋が2番手以下に1秒8という大差をつけてのポールポジション獲得という予選結果。星野知也(ブリヂストン)が自身初のフロントロウとなる2番手グリッドを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る