[SUZUKI]JRR Rd.4 加賀山就臣、転倒しながら6位入賞!生形秀行は3戦連続2位表彰台

2015年6月28日
全日本ロードレース選手権 第4戦 SUGOスーパーバイク 120マイル耐久レース
場所:宮城県・スポーツランドSUGO

全日本第4戦が宮城県スポーツランドSUGOで6月28日に行われた。鈴鹿8耐前のこのSUGOのレースは、より面白い戦いを見せようと、2年前からセミ耐久として開催されている。今回も120マイル、52周という長丁場のレース設定がされた。このためにチームは、ピット作業のためにガソリンの給油装置やタイヤ交換システムをサーキットに持ち込んだ。二人で戦うことも可能なのだが、スズキの三チームはいずれも、レギュラーライダー一人での戦いを選択。そのために今回のレースへスズキ勢としては、ヨシムラスズキシェルアドバンスの津田拓也、MotoMap SUPPLYの今野由寛、Team KAGAYAMAの加賀山就臣というレギュラーライダー三名での参戦となった。

1週間前に行われた事前テストはドライで行うことができ、路面温度も太陽が出ると40度から50度と高温となり、鈴鹿8耐並の対応が要求されていた。この中で津田が2番手のタイムをマークし、好調さをアピール。レースウイークでの期待が高まった。

東北地方は6月末のこの時期になってもまだ梅雨入りしていなかったのだが、残念ながらこのレースウイーク中に梅雨入り。その影響で、金曜日のART合同テストはドライで走行することができたが、土曜の予選はフルウエットとなってしまった。今回は60分間の計時予選で行われ、加賀山がベテランらしい経験をうまく生かして4番手、津田は8番手、今野は前日の転倒の影響もあり、14番手と少しで遅れてしまった。

土曜の夜には月も顔を出し、天候の回復を期待させた。実際に朝のウォームアップ走行はドライコンディションとなり、津田が2番手、加賀山6番手、今野13番手と、決勝へ向けて順調な仕上がりを見せた。

ところが、この日の最初のレースとなるJ-GP3クラスのスタート前に雨がポツポツと落ちてきてしまいそれ以降、降ったり止んだりで、路面はドライが基本ながら、そこから多少濡れながらレースが進行するという非常に読みにくいコンディションとなってしまった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る