[YAMAHA]MotoGP Rd.8 予選 ロッシが“聖地”でPP、開幕から連続表彰台を狙う!

■大会名称:第8戦オランダGP
■開催日:2015年6月26日(金)予選結果
■開催地:アッセン/オランダ
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度
■路面温度:37度
■PP:V・ロッシ(1分32秒627/ヤマハ)

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシがドライ・コンディションの下で好タイムをマーク。ラップレコードを更新する1分32秒627で自己通算61回目のポールポジションを獲得した。チームメイトのJ・ロレンソは思うような走りができないまま8位に留まった。

フリープラクティス第4セッションまでに総合トップに立っていたロッシは、15分間の公式予選でさらなるタイム短縮を狙っていた。真っ先にピットレーンを離れて最初のラップで8番手。2周目は順位を上げることができなかったが、3周目で5位へ浮上した。残り7分でピットに戻って新品タイヤに交換。1分後にコースに復帰した直後に一旦8位へ後退したが、このことで一層モチベーションが上がって最後のアタックへ。フロントロウ獲得を目指して全力で挑むと、ついには1分32秒627という見事なタイム。昨年、M・マルケス(ホンダ)が記録したサーキット・レコードを0.835秒も上回る速さでポールポジションを確実にした。

一方、ロレンソは4戦連続のフロントロウ獲得はならなかった。いつもとは逆の作戦をとり、前方に十分なスペースを空けてから最後尾でコースイン。最初のラップで1分33秒146を記録してトップに立ったが、その後4位へ後退。次の周回で0.029秒短縮して3位へ上がったあと、ピットに戻ってタイヤを新品に交換した。コースに復帰したときには残り6分。次のアタックで1分33秒044へ短縮し、一時はトップに0.415秒差まで迫る2位へ浮上したが、終盤、ライバルたちがペースを上げたことで順位を下げた。ロレンソはグリッド2列目を逃し、3列目の真ん中から決勝をスタートする。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る