雨の季節を少しでも快適に過ごすために!

ジメジメした日が続きます。今年の梅雨明けはやや遅めで、地域によっては7月後半になりそうですね。そこで、今年もライダーにとっての大敵、雨の日を少しでも快適に過ごすためのネタをお伝えできればと。

雨の中を走るのは誰でもイヤなものですよね。でも、気持ちまで萎えてしまうと、せっかくのツーリングも楽しくなくなってしまいます。そこでまず私がやっていることは気持ちの入れ替え、セルフモチベーションアップです。雨といってもたかが水。水は生命の源であり、人間も元をたどれば太古の海からやってきた。これぞ天の恵みだ!などと自分に言い聞かせるだけで、だいぶ気が楽になります(笑)。

次は装備。雨天では視界確保が最重要です。安全のためにも、ヘルメットのシールドは曇り防止のピンロックシステムの装着をおすすめします。細かいテクニックとしては、ヘルメットを被る前に髪毛を濡らさないこと。蒸れて曇るからです。また、首回りはどうしても密閉できないので雨が浸入しやすく、不快になりやすい部分です。自分の場合、ネックウォーマーや夏だと速乾素材のバンダナを首に巻いたりして浸水を低減しています。用品メーカーからヘルメット下側に装着するタイプの防水アタッチメントなども出ていますので、参考にされるといいでしょう。

グローブについては高速道路を一気に移動する場合などは本格的なレイングローブを使います。ただ頻繁に着脱すると、どんな防水タイプでも内部が濡れてきてしまうので、近距離なら濡れる前提でネオプレーンタイプのほうが使い勝手がいいと思います。足元はアスファルトからの跳ね水などにより最もヘビーに濡れる部位。自分の場合、ハーフ丈の全天候タイプの革製ブーツを愛用しています。ゴアテックスなどの透湿防水フィルムが内装されているので快適性は抜群。これ一足あれば、真夏以外はいつでもどこでも気持ちよく過ごせるのでおすすめです。

要となるレインウエアは今や常識となった透湿防水タイプで決まり。昔ながらのビニール製などの合羽だと内部が結露して気持ち悪くなります。防水性能については「耐水圧表示」が目安で、この値が高いほどハイスペック。たとえば高速連続走行や暴風雨のときなどに威力を発揮します。ただ、その分値段も張るので、折衷案としてはオールウエザータイプのジャケット&パンツ等を最初から着ておいて、軽い雨ならそのままで通してしまい、大雨になったらコンパクトタイプのレインウエアを重ね着する手もあります。レインウエアを着るときは襟や袖、裾をしっかりと絞って浸水を防ぎつつ、なるべくバタつかないようにするのがポイントです。

小物として意外と役立つのが人工セーム革。洗車の仕上げなどに使うあれです。吸水力抜群で、ヘルメットやシートをさっと拭くのに便利。絞れば何回も使えるし、乾くとコンパクトになるので収納に場所をとりません。ちなみに私はハンカチ程度の大きさの古くなったスイム用タオルを使っています。

そんなこんなで、いろいろ工夫してみると、雨天のライディングもそれほど苦にはならないはず。快適に帰ってこられれば貴方の勝ちです。まあ、最後は気の持ちようですけどね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る