[MFJ]JRR Rd.4 J-GP2 決勝 高橋裕紀、独走で3連勝!

ポールポジションの高橋裕紀が絶好のスタートからホールショットを奪い、オープニングラップから早くも独走の態勢を見せる。2番手には順位を上げた生形秀之、そして星野知也がその後ろに付ける。さらには岩崎哲朗、岩田悟、作本輝介、順位を上げてきた日浦大治朗らが続く。高橋はレース序盤から2番手以降との差を広げていく。2番手争いは生形と星野の間で繰り広げられていく。

20周のレースを折り返した12周目、星野が2コーナーで転倒、生形が単独2番手となった。これで3位争いとなった後方集団は、岩崎をかわした岩田を日浦がパスして3位に浮上すると、岩田との差を広げていく。その間にも高橋は31秒台のペースで周回、最終的には9秒以上の差で開幕3連勝、3戦連続の2位には生形、3位には日浦が入った。モリワキレーシングは1-3フィニッシュ。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 4 : SUGO J-GP2 Winner`s Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る