[MFJ]JRR Rd.4 JSB1000 予選 中須賀克行が最後に逆転でポールポジション!

60分間のセッション、序盤で1分38秒台をマークし一気にトップに立ったのは秋吉耕佑。津田拓也、中須賀克行、柳川明らが続く。秋吉は37秒240までペースアップしてトップをキープ。中須賀も37秒台に入れ、加賀山就臣、津田、高橋巧、山口辰也らもそれを追いペースアップ。しかし、20分を過ぎた頃、ストレートで自ら撒いたオイルによる転倒車両が発生したため、赤旗で一時中断を余儀なくされた。50分後、残り時間40分間で再開された予選セッションは、転倒車両の部品回収のため途中で再び一時中断された。

残り25分となったセッションは、秋吉がさらにタイムアップ。他のライダーもベストタイムを更新する中、残り5分頃に中須賀がセクションタイムでベストタイムを連発、遂に35秒台に入れてトップを奪った。このままセッションは終了し、中須賀が最後にマークした1分35秒710で3戦連続のポールポジションを獲得、2番手には秋吉耕佑/渡辺一馬組、3番手には最後まで逆転劇を演じた高橋巧と加賀山就臣の順、5番手には山口辰也、次いで柳川明/渡辺一樹組、野左根航太/藤田拓哉組、8番手に津田拓也の順となった。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 4 : SUGO QP Digest

2015 SUPERBIKE ROUND 4 : SUGO JSB1000 Pole Position Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  4. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
ページ上部へ戻る