[MFJ]JRR Rd.4 J-GP3 予選 宇井陽一が雨の予選でポールポジション獲得!

雨となった公式予選日、J-GP3の予選セッションは澁田晨央、真崎一輝、國峰啄磨らの若手ライダーに混じってベテランの宇井陽一や岡崎静夏も上位に付ける。開始当初はストレート付近では霧も発生するが、セッションが進むにつれてそれも薄れ、後半は激しいアタックが展開された。水野涼、栗原佳祐も入れ替わりトップに立つなど、セッションが進むほどに激しさを増した。

その中で宇井がその時点で唯一の1分44秒896に入れてトップに浮上、真崎も最終周回に44秒915まで上げるが、惜しくも2番手、3番手には45秒215で栗原、4番手は國峰、水野、澁田、関野海斗、岡崎と続く。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 4 : SUGO J-GP3 Pole Position Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  4. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
ページ上部へ戻る