[YAMAHA]MotoGP Rd.8 事前情報 タイトル争いを展開するMovistar Yamaha MotoGPが聖地へ

■大会名称:第8戦オランダGP
■開催日:2015年6月25日(木)フリー走行、26日(金)予選、27日(土)決勝
■開催地:アッセン/オランダ ■開設:1955年
■コース長:4.542km
■サーキットレコードラップ:1分34秒548(2012年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分33秒462(2014年:M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

2週間前のカタルニアGPで1-2フィニッシュを飾り、士気上がるMovistar Yamaha MotoGP。今週末は、土曜日に決勝が行われる第8戦オランダGP出場のためアッセンTTサーキットへと向かう。

4連勝中のJ・ロレンソは、トップ連続走行周回数でも記録を破る見事なパフォーマンス。チームメイトのV・ロッシも、グリッド7位から追い上げての2位と好調をアピールしている。

チャンピオンシップのリードを広げたいロッシは、ロレンソよりも前でゴールすることが今回の目標。モーターサイクル・レースの“聖地”として知られるここアッセンでは、プレミアクラスで5回(2002年、2004年、2005年、2007年、2009年、2013年)、250ccクラスで1回(1998年)、125ccクラスで1回(1997年)、それぞれ優勝を果たしている。

一方のロレンソも、125ccクラスで1回(2004年)、250ccクラスで2回(2006年と2007年)、MotoGPで1回(2010年)、合計4回の優勝経験を持つ。その変わりやすい気候がいつも悩みの種となるものの、アッセンはお気に入りにコースのひとつだ。4連勝達成によって実力を証明したロレンソは、チームメイトとのポイント差を埋めるべく連勝記録の更新を目指す。

アッセンTTはすべてのモーターサイクルレース・ファンにとって特別なイベント。オランダGP開催を目的に建設されたアッセンTTサーキットは、1949年のモーターサイクル世界選手権誕生以来、毎年、レースを開催してきた唯一のコースだ。現在のコースは全長およそ4.5km。コース幅が狭く、高速コーナーと低速コーナーが混在する。マシンの素早い操作が要求されるその特徴は、ライダーばかりでなく、このイベントに魅了される多くのファンにも好まれている。ファンはコース脇の芝生やグランドスタンドに陣取り、伝統の一戦をさらに盛り上げる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  4. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
ページ上部へ戻る