[YAMAHA]MotoGP Rd.8 初日 アッセンのフリープラクティスを順調にスタート

■大会名称:第8戦オランダGP
■開催日:2015年6月25日(金)フリー走行総合結果
■開催地:アッセン/オランダ
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度
■路面温度:38度

Movistar Yamaha MotoGPは、土曜日に決勝が行われる第8戦オランダGPのフリープラクティスを開始。V・ロッシが総合3位と好調ぶりを発揮し、チームメイトのJ・ロレンソは6位で初日を終了した。

伝統のアッセンTTサーキットはふたりのお気に入りのコース。フリープラクティス第1セッションでは新型シャシーを試しながら、素早くペースをつかんで好調な走りを見せた。

ロッシはまずベースとなるセッティングを探すことに集中し、終盤になってタイムアタックを試みた。その最初のラップで一気にトップに躍り出ると、そこからさらに2ラップにわたってタイムを更新、1分34秒357のベストラップを記録した。午後からの第2セッションもほぼ同様の展開。45分間の走行時間のほとんどをセッティング作業に費やし、終盤でそれをテストするようにタイムアタックを開始。何度も好成績をあげた走り慣れたコースで、非常にリラックスした走りを見せながら1分33秒652へと更新。トップから0.202秒差で3位となった。

一方のロレンソもアッセンをエンジョイ。第1セッションは慎重にスタートし、少しずつペースをつかむと一時トップへ浮上。しかしその後はセッティングの比較などに専念したため順位を下げ、ロッシから0.415秒差の4位となった。第2セッションでは序盤からペースを上げて3位。気温が上がるにつれて全体のタイムも上がっていき、最後のアタックにかけたロレンソは1分33秒741のベストタイムで6位となった。トップとの差は0.291秒。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る