[KTM]AMA MX Rd.5 450のダンジーは総合2位を獲得

『2015AMAモトクロス/第5戦ハイポイント』。Red Bull KTMファクトリーチームから450クラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は1-2で総合2位。250クラスに参戦した#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は1-1での完全勝利で総合優勝を獲得。両ライダーともにポイントスタンディングスでの首位の証であるレッドプレートを着け次戦に向かいます。

■450クラス
レース1を6位でスタートしたダンジー。2周目に4位にポジションをアップします。そして6周目に首位に立つとそのままリードを広げ、トップでチェッカーを受けたときには2位に12秒もの差を付けていました。レース2では3位で第1コーナーを通過すると、2周目には2位にポジションアップ。首位から2秒の差をキープしながら周回を重ねますが、後半に周回遅れのライダーをかわすのに手こずり首位との差を広げられてしまいます。そしてそのまま2位でチェッカー。1-2の総合2位でレースを終えました。

ダンジーのコメント:
「レース2ではトップとの差をつめられなかった。マシンのフィーリングは良かったが、周回遅れを上手くパスすることができなかった。とはいえ、総合2位で多くのポイントを獲得できた。ひとつの勝利よりも、チャンピオンシップにおける勝利にこだわり続けている。そのためには、ここで多くのポイントを獲得でき、うれしい」

■250クラス
ムスキャンは予選で最速タイムをマークし、決勝での好スタート位置を確保。そして迎えたレース1、好スタートを切るとホールショットを獲得。そのままトップの座を譲ること無く走りきり、2位に5秒の差をつけて優勝。レース2でも好スタートを切ったムスキャンは1コーナーを2番手で通過。2周目にトップに立ちました。そこで数周のあいだトップ争いを展開しますが、そのバトルを制したムスキャンは、このレースでも優勝。1-1の完全勝利で総合優勝も果たしました。

ムスキャンのコメント:
「両レースともに完璧な走りができた。それによって多くのポイントを獲得することができたことが嬉しい」

次戦/第6戦は6月27日(土)、メリーランド州メカニクスビルで開催されます。

■450クラス/レース クラス/レース1結果:
1, Ryan Dungey – KTM
2, Ken Roczen
3, Christophe Pourcel

■450クラス/レース2結果:
1, Ken Roczen
2, Ryan Dungey – KTM
3, Jason Anderson

■450クラス 総合:
1, Ken Roczen
2, Ryan Dungey – KTM
3, Jason Anderson

◎450クラス ポイントスタンディングス ポイントスタンディングス
1, Dungey(KTM), 222 point
2, Roczen, 185
3, Anderson, 150
4, Barcia, 148
5, Baggett, 145

■250クラス/レース1結果:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Adam Cianciaruloe
3, Alex Martin

■250クラス/レース2結果:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Zachary Osborne
3, Joseph Savatgy

■250クラス 総合:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Zachary Osborne
3, Jeremy Martin

◎250クラス ポイントスタンディングス ポイントスタンディングス
1, Musquin (KTM), 219 point
2, J・Martin, 211
3, Nelson (KTM), 146
4, Cianciarulo , 143
5, Savatgy , 135

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る