[MFJ]JRR Rd.5 事前テスト 國峰啄磨がただ一人1分34秒台!

事前テスト3日目は、タイヤメーカー合同テストとスポーツ走行が行われた。

J-GP3クラスは、1回目の走行で國峰啄磨が1分34秒997を出すと、2回目には、さらにタイムを縮め1分34秒448をマーク。1分34秒台に入れたのは國峰のみで文句なしのトップタイムとなった。

「セッティングも順調に進んでいるので、この調子でレースウイークでは1分33秒台を狙いたいですね。決勝は、今回こそ、しっかりトップでチェッカーフラッグを受けたいです」と國峰。

初日トップタイムをマークした栗原圭祐が1分35秒366で2番手につけ、3番手に1分35秒669の徳留真紀、4番手に1分35秒692の水野涼と続いた。5番手には女性ライダーの岡崎静夏が1分35秒810と健闘。

以下、1分35秒866の三原壮紫、1分35秒872の太田虎之進、1分35秒933の関野海斗、1分35秒966の南本宗一郎、1分35秒970のゲリー・サリムと続き、ここまでが1分35秒台をマークした。 J-GP2クラスは、日浦大治朗が1分30秒558でトップ。渥美心も1分30秒台に入れ、1分30秒836で2番手。スポーツ走行枠も走った星野知也が1分30秒876で3番手。岩田悟が1分31秒344で4番手となった。

JSB1000クラスは、秋吉耕佑が1分28秒719でトップ。酒井大作が1分29秒395、武田雄一が1分30秒033、武石伸也が1分30秒869、吉田光弘が1分30秒892、徳留和樹が1分31秒119、須貝義行が1分31秒403、中村知雅が1分31秒434、寺本幸司が1分31秒795で続いている。 ※タイムは非公式です。

◎全日本ロードレース選手権第4戦「SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース」
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1504.html

◎開催概要・コースレコード・前年の結果等
http://www.superbike.jp/round/rd4.html

◎SUGO公式サイト/特設サイト(チケット情報など)
http://www.sportsland-sugo.jp/watch/contents/2015/01/20150131_2082.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  2. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  3. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  4. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
ページ上部へ戻る