【新製品】KYB、超軽量モトクロス用フロントフォーク「Pneumatic Spring Fork 2」を納入開始

フロントフォーク、オイルクッションユニットなどの企画・製造・販売を行うKYBは、オフロード用競技車両(モトクロス車)向けに、作動性の良さと大幅な軽量化を図った倒立フロントフォークPneumatic Spring Fork2(以下PSF2)を開発し、納入を開始した。

以下、プレスリリースより

超軽量モトクロス用フロントフォーク「Pneumatic Spring Fork 2」を納入開始
当社グループは、高い操縦安定性と軽快なハンドリングが要求されるオフロード用競技車両(モトクロス車)向けに、作動性の良さと大幅な軽量化を図った倒立フロントフォークPneumatic Spring Fork2(以下PSF2)を開発し、納入を開始いたしましたのでお知らせします。PSF2は、今般発売されました当社お客様の本田技研工業株式会社製CRF450R(2015年モデル)に採用されています。

1.技術的特徴
・空気ばねを利用したダンパ構造とし、従来のコイルスプリングタイプに比べ1kgの軽量化(当社従来製品比12%減)し、軽快なハンドリングを実現
・ダンパカートリッジから積極的に軸受部へ油を供給する構造を採用し10%の作動フリクションを低減(当社従来製品比)、高い操縦安定性を実現
・左右で減衰力調整機能を分割し、伸工程・圧縮工程それぞれ、低速域、高速域の調整を可能にし、ユーザの好みに合わせられる高いアジャスタビリティーを実現

2.当社生産数
2014年度:約8,000台/年

3.製品名
Pneumatic Spring Fork 2(PSF2)

4.開発・生産拠点
KYBモーターサイクルサスペンション株式会社

関連記事

ピックアップ記事

  1. KTM JAPANは、2018年ストリートモデル「790DUKE」を発表した。 201…
  2. ホンダは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」をベースに教…
  3. 西日本最大級のオートバイ総合イベント「第34回大阪モーターサイクルショー2018」が2018…
ページ上部へ戻る