[DUNLOP]ARRC Rd.2 元チームメイトのユディスティラとファドリが勝利を分け合う

アジアロードレース選手権第2戦は、インドネシアのセントゥールサーキットで開催された。

Race1
午前中に開催されたレース1ではプラタマ選手とババ選手のホンダ勢がワンツー体制、カワサキのユディスティラ選手が後に続く。序盤でユディスティラ選手がトップに立つが、元チームメイトのファドリ選手との激しいバトルに突入する。

そしてレース5周目、ババ選手がハイサイド、さらにプラタマ選手(ホンダ)がそこに巻き込まれる深刻なクラッシュになり赤旗中段となる。再開後はユディスティラ選手とファドリ選手のマッチレースとなり、ファイナルラップでトップに立ったユディスティラ選手が逃げ切りクラス初優勝、伊藤選手(ヤマハ)が3位でフィニッシュラインを超えた。

Race2
やや気温が下がったレース2は、ファドリ選手とプラタマ選手、そしてウイライロー選手のホンダ勢がトップスリーでレースをリードしていく。ユディスティラ選手がホンダ勢に割って入り3位に上がるが、その直後にハイサイドでリタイアとなってしまう。レースはファドリ選手がトップを守り抜き今季初優勝、高橋選手の4位、小山選手の5位など6位までをホンダ勢が独占、7位には芳賀選手(スズキ)が入った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る